すっとんきょうでゴメンナサイ

風の吹くまま気の向くまま

家族

お兄ちゃんも辛いねぇ

NHK朝ドラ『エール』もいよいよ最終週となった。 主人公の古山裕一・音夫妻の一人娘、華も結婚し母となっている。 看護師として働きながら幼い男の子を育てているらしく、 今日は急な仕事で遅くなりそうだからと両親に息子を預けに来ていた。 申し訳なさそう…

雨女と晴れ男

雨女、雨男と称される方々の協会があるんですね。面白い!( ̄▽ ̄) その名も「日本雨女雨男協会」 公式HPによると 2009年より活動を開始した当団体も、来年でいよいよ10周年。 どうしても(いろんな)反響が途絶えず、皆様のおかげでここまで来れました。 私…

ボクは気に入らないぞ!

先日の下の孫の誕生日会。 孫たちの可愛さを堪能し、じいじとばあばは本当に楽しく過ごしました。 そりゃ少しは疲れたけど(^▽^;) じいじのスマホで孫単独の写真は撮っていたのですが、 後ほど娘が、孫二人とじいじ&ばあばが一緒に写っているものを数枚送っ…

孫の誕生日会に

昨日は下の孫の2歳の誕生日会でした。 じいじとばあばに娘家族のごくごく内輪のパーティー。 アイスクリームケーキとお寿司をご馳走になり、こちらからは唐揚げをたっぷり持参。 唐揚げはお仕事と家事、育児に頑張ってくれているパパの大好物でもあるのです…

娘の引越しを手伝って

朝からボーっとしています。 ボーっとするのはいつものことですが、今朝は特に…。 そして疲れている。 夫は早朝、実家に向かいました。 なので、本来なら「さてさて、何をしようか(´▽`*)」と心浮き立つところなのに、 多分今日は一日中うだうだ、だなぁ…。 …

ばあばの役割

朝起きたら腰が重い。 ずっと前から体は重くなっているけど、特に今朝は腰が重い。 しかも、二の腕辺りも妙に張っている。 バドミントンをやっていた頃の、常にパンと張っているあの感じ? 理由はわかっているのです。 昨日、孫たちと散々遊んだせい。 朝、…

父の最後のサヨウナラ

テレビの昼のロードショーで『日々是好日』を観ました。 以前、原作の本について記事にしたことがあります。 komakusa22.hatenablog.com 映画を観るのは初めて。 「お茶」の一つ一つの所作や背景を彩る季節の移ろい。 原作の味わいを損なわない美しい映像に…

褒めること、褒められること

朝のニュース番組。何気なく観ていると“家族間でこそ褒め合いましょう”と話す人がいた。 褒め方として次の3点を挙げていて ①3つのS「すごい」「さすが」「すばらしい」を聞こえるように言う ②部屋に“褒めボード”を置き、家族を褒める言葉を紙などに書き、貼…

兄の気の毒な一日

先週、両親と祖母の法要に参列するため、名古屋まで出かけた。 名古屋は父の転勤に伴い10年間暮らした場所。 私は2歳から12歳までの子ども時代を過ごし、 思い出の中には古き良き昭和の原風景や原体験が詰まっている。 名古屋市内を車で移動中、「今池」とい…

「ホクロ占い」私の場合

昨日、祖母の納骨と母の三回忌と父の百箇日を済ませてきた。 あれもこれもとてんこ盛りだが、メイン(ていう言い方はナンだけど)は母の三回忌。 父の入院と新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、 5月中旬の予定だった法要が延期になっていたのを今回改…

晩年の母のこと

豚肉入りのいかにもありふれた野菜炒めを作りながら、 晩年の母は簡単な炒め物も出来なくなっていたこと、思い出した。 故郷の島を離れ、兄の近くに暮らすようになった両親を手伝う為に、 月に一度、一週間ほど出かけて行った。 毎回、待ちかねていたように…

夫との会話

夫と全然喋らないという同世代の友人がいるが それに比べれば、多分ウチの夫婦は会話は多い方かと思う。 ていうか、ウチの家族はそもそも皆喋りたがりで 三人娘が家に居て家族5人でひしめき合っていた頃は 狭い家の中を会話が飛び交っていた。 その名残りな…

父の新盆と照ノ富士関の復活優勝

5月末に亡くなった父の新盆法要が来週行われる予定です。 が、場所は遠い他県。 全国的に新型コロナウイルス第二波が猛威を振るっている現状では 電車で幾つかの県をまたいでの移動は如何にもリスクがあると思われ 出席を諦めることにしました。 「なんや、…

長女、4ヶ月ぶりに帰って来る

ほぼ4ヶ月ぶりに長女が帰って来た。 顔を見るのは父の告別式以来。 それにちゃっかり便乗するように、前日自宅アパートに戻った三女も、また来た(笑) 「これ、お父さんとお母さんに」 そう言って長女が差し出したのはインターネット専用のギフトカード、V-…

末娘、久しぶりに帰って来る

それまでの雨続きが嘘のように昨日、今日と晴れ☀️ 朝っぱらから何は無くとも洗濯、洗濯、洗濯。 部屋干しばかりで、クンクンすると生乾き臭がするヤツも再度洗濯。 お日さまの光を存分に浴び、南からの風に吹かれ みんなスッキリと乾いてくれた。 やっぱおて…

父、四十九日法要。お坊様が来ない⁉

昨日は5月末に亡くなった父の四十九日法要でした。 ところが、お坊様がすっかりお忘れになっていて。 そんなことってあるんだ~( ゚Д゚)とある意味感心してしまったワタシ。 兄夫婦は「やっぱり確認の連絡せなあかんかったな(~_~;)」 30代かとお見受けする若く…

まったく「おとこ」って…

昨日、孫たちとプールに行って来ました。 本当はじいじをあてにした次女からのお誘いだったのですが あいにくじいじは不在。 「え~~」と残念そうな孫の声を聞いては断るのも忍びなく 及ばずながらばあばが一緒に行くことに。 孫のベビースイミングに付き添…

箍(たが)の外れた夫と妻、どっちもどっち?

今朝早く夫が実家へと向かいました。 またしばらくの間、それぞれが気楽な一人暮らし。 確信犯的に箍(たが)を外し、朝からグータラを決め込みました。 夫が自宅にいる期間は食事の支度は私が行い(昼食は各自の場合もある) ある程度決まった時間に食べる…

待つは君ひとり「東京ラプソディ」

今日の朝ドラ『エール』の中で聴こえてきた「東京ラプソディ」 思わず「あーーこれ、パパがよく歌ってたわ」 自分の親の世代の the 懐メロですね。 花咲き花散る 宵も銀座の 柳の下で待つは君ひとり 君ひとり逢えば行く ティルーム楽し都 恋の都夢の楽園(パ…

「じいじ」の日

昨日の「父の日」。 娘三人の父である夫の元には特に何の音沙汰もなく(例年のこと(^^;) 代わりに、飛び切り可愛い孫たちが「じいじ」に会いに来た。 「じいじ」にはポテトチップス、「ばあば」にはチョコレートのお土産。 さすが、よくわかってらっしゃる(…

マグロアボカド納豆丼と「父の日」

昨日の夕食はマグロアボカド丼だった。 少し残ったのを今日の朝食に食べようとして 少し過ぎてご飯の上が寂しかったので 納豆も一緒にのせてマグロアボカド納豆丼にしてみた。 夫は中粒納豆、私はひきわり納豆で。 初めて試してみたけど想像通りの美味しさだ…

夫、喉の精密検査受ける

今年3月に入ってからでしょうか。 夫の声が何となくかすれ気味であることに気づきました。 しばらくして夫も「なんだかこの頃声が出にくいんだよね」と言い出しました。 冗談で「最近カラオケ行けてないから喉の筋肉が衰えちゃったんじゃない?」と言うと 「…

私も過干渉の親でした

夫が実家に行ったのと入れ替わりに、週末、末娘が帰って来ました。 父の告別式以来。 緊急事態宣言が発出されてから週三日程度の勤務になり、解除後もそれは続いているそうで 時間的にも体力的にも余裕ができ さぞ自炊とか部屋の片付けとか捗っているんだろ…

親と子、我が家族の場合~「少年A」14歳の肖像、を読み終えて

前記事の続きです。 komakusa22.hatenablog.com では、私にとっての両親はどうであったかと考えると、兄とは異なってくる。愛情深い人であったというのが私の抱く両親像である。 幼い頃から母の過干渉は私にも向けられ、大人になり家を出るまでそれはあった…

過干渉は“愛情”という名を借りた“支配”?

今日からしばらく夫は実家へ。さて、思いのまま過ごせる時間をどう使おうかと、先ずは図書館に出かけてみた。駐車場には1台の車も無く、あれ?まだ開いてないんだっけと入口に向かうと椅子に座り待ち構えている職員の女性に手指消毒を促されつつ「どうぞ」と…

マグロの山かけを食べながら

昨日の夕食、マグロの山かけを食べました。 食べながらふと義母のことが思い出され 「おばあちゃん、これ好きだったよね」と夫と話しました。 義父が先に亡くなり、一人暮らしを10年以上続けてきた義母。 そもそもの食いしん坊に歯止めがきかなくなったのか…

あの優しかった場所は今でも

父の告別式を終え、帰りの車の中 カーオーディオから流れてきたのは コブクロの 「ここにしか咲かない花」 あの優しかった場所は今でも 変わらずに僕を待ってくれていますか? 最後まで笑顔で 何度も振り返り 遠ざかる姿に 唇 噛み締めた あの優しかった場…

父、旅立ち

前回、夢で父と電話で話した記事を投稿した後、少しして兄から電話がありました。 まさか…と一瞬悪いことを思いながら出ると、 退院が延期されてから2週間、抗生剤投与の治療を続けてきたが数値が改善されず、 今後も病状が良くなる可能性が極めて低いこと、…

父から電話…と思ったら

父と電話で話しました 元気な頃と変わらない声です 「この間は来てくれてありがとうなぁ」 「パパ、どうしたん?元気やん、元気になったん?」 「ほうよいなぁ、元気になったで」 故郷訛りで穏やかに話す父 私が見舞いに行ったこと、わかっててくれたんやな…

父と会いました

昨日、遠く離れた地で入院している父の元へ行って来ました。 一昨日の記事でも書きましたが、 新型コロナウイルスの影響で、本来なら、たとえ身内でも面会出来ない状況なのですが、 主治医の「顔を見に来られたらどうですか?」の言葉に、ああ、もうそんな…