すっとんきょうでゴメンナサイ

風の吹くまま気の向くまま

そのあと

そのあと   谷川俊太郎

そのあとがある
大切なひとを失ったあと
もうあとはないと思ったあと
すべてが終わったと知ったあとにも
終わらないそのあとがある

そのあとは一筋に
霧の中へ消えている
そのあとは限りなく
青くひろがっている

そのあとがある
世界に そして
ひとりひとりの心に


今日の天声人語に紹介されていました。
谷川俊太郎さんが先ごろ、朝日新聞夕刊「今月の詩」の最終回に寄せられたそうです。
“絶望を生き抜く者への励ましが静かに胸に迫る”と天声人語の主は書かれていました。

ただ、
「終わらないそのあと」があることは希望であるかもしれないけれど
その一筋の道を歩き続けることが どんなにしんどいことかと・・。

「そのあと」のその先に

きっと安らぎや喜びがあって欲しい
どうかそうであって欲しいと願います。