こまくさ便り~Your Smile

娘、妻、嫁、母、ばあば、そして「私」の日々を綴ります

「流域思考」について

 

九州地方を記録的な大雨が襲いました。
テレビなどが伝える被害の状況に言葉もありません。
どうしてこんなことばかり続くのでしょう…
亡くなられた方のご無念、被害に遭われた方々のお気持ちやこれからのご苦労を思うと
遠く離れた地にいて何も出来ないくせに落ち込みます。
今朝の天気図には今だ九州の南部に大きな雨雲がかかっています。
どうぞこれからもくれぐれもお気をつけくださいますように。

そして、岐阜県、長野県にも大雨特別警報が出ました。
朝起きて最初に観た飛騨川の濁流にテレビの前でしばし止まってしまいました。
昨年の秋、下呂を訪れた時
ホテルの前を流れる飛騨川の清らかな流れに心落ち着いたこと思い出して
胸が痛くなりました。 

 

ある気象予報士の方が言っていました。

現在、岐阜や長野で大雨特別警報が出されています。
岐阜や長野で降った雨はいくつもの小さな川に流れ
そのいくつもの支流が大きな川に集まり愛知や静岡に流れて行きます。
ですから、今警報が出ていない地域の方も
住んでいる場所を流れる川の源流が何処であるのかを是非注意していただきたい。

 

昨日の糸井重里さんのエッセイでは岸由二氏が提唱する「流域思考」について取り上げていました。

番組では豪雨の報道は、主に天気図をもとに伝えられる。いま現在、どの地域に雨雲がかかっていて、どの程度の大量の雨を降らせているかが報道される。ぼくも、つい、どの地域に大雨が降っているかを見る。

しかし、大雨の被害は空から雨量で起こるのではない。屋根が壊れるほどの豪雨などというものはなく、まずほとんどは、川の氾濫、土砂崩れが原因である。
空から降った大量の雨が、山のような高いところから、低い土地に向かって水流をつくり川として流れ下る。川はさらに別の川と合流して、大きな川に流れ込む。
そして、日頃は安定していたはずの川が、抱えきれないほどの水量を集めて、やがて氾濫する。川ではなかった道路や田畑や住宅に、水が溢れる。そういう被害になるわけだ。

異常なまでに大量の雨が降ったとき、水がどう集まって、どういう地域に流れ広がっていくのか。そう考えるのが「流域思考」なのだと、ぼくは理解した。空から大量の雨が落ちてくる場所を知る天気図ではなく、山と谷がどうできているかが、実は最重要なのである。

これ以上は、ぼくのへたな説明では無理なので、「流域思考」「岸由二」で検索してみてください。  

 

www.1101.com

 

岸さんの講演の一部です。
初っ端からとても腑に落ちました。 

生きものが大好きな少年だった岸さん。

大学では、進化生態学を研究していましたが、同時に、どういう枠組みで都市計画をしたら生きもののにぎわいを大事にできるのか、自然災害を回避できるのかといった、地域の生態についても考え続けていました。

地域の生態について考えていくうちに気がついたのは、「横浜市」とか「千代田区」という、枠組みで考えること自体がナンセンスだということです。
洪水は「横浜市」や「千代田区」で区切って起こっているわけではありませんから。
じゃあ、なんなんだろう、どういう枠組みで考えたらいいんだろうと悩み続け、たどりついたのが「流域」という言葉でした。

「流域」とはなにか。実は日本では、小学校でも中学校でも、高等学校でもまったく教えません。だからみなさん、「流域」という言葉を聞いたら、「洪水を起こしている川が氾濫している範囲」としか思わないでしょ。
流域というのは、雨が降って、その水が集まってくる、大地の窪地のことです。川のいちばん上流の山のてっぺんから、下流の地域まですべてが流域なんです。

日本には109の巨大な一級河川を軸とする水系があり、列島の面積の約7割を覆っています。それ以外のところにも小さな川があるので、やはり、すべての地域がなんらかの川の流域なんです。

 

「雨降る大地」は全て流域で区分でき、私たちが住む場所もどこかの流域に属している。
岸さんのお住まいは東京都町田市だそうですが
地べたの住所でいうと
「日本列島・本州・関東平野・多摩三浦丘陵・鶴見川流域・源泉流域・谷戸谷戸流域源流西肩・岸由二」となるそうです。

 

長くなりました。

我が家の近くには荒川が流れています。
川幅が大きくとられていて、日頃はその中を細い流れが見えるくらい。
普段はこれだけの川幅を埋め尽くすような水が流れるとはとても思えませんが
昨年秋の台風19号の際には氾濫危険水位を超える事態となりました。
実際、氾濫し浸水した地域もありました。
それで、初めて知るのです。
我が家の少し上流で荒川と入間川が合流することを。
入間川上流にも大量の雨が降っていました。
それで一気に水量が増えたのです。
何年も住んでいたのに知らなかったなんて、愚かなことです(~_~;)

 

自分が住む地域はどんな川の流域であるのか。
それを知り、早めに危険を察知すること、大事ですね。

 

 

f:id:komakusa22:20200707230822j:plain

埼玉県行田市 古代蓮の里にて(2018.7.23)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

ポチいただけると嬉しいです(^^)/

 

PVアクセスランキング にほんブログ村