すっとんきょうでゴメンナサイ

風の吹くまま気の向くまま

ひなまつり/“寅さん”~まともじゃないのに正しい

 

昨日のひなまつり。

前日までの寒さと強風が収まり、暖かな好き日。孫たちが遊びに来た。

男の子三人の後の(待望の)女孫は1歳3ヶ月の可愛い盛り。

ヨチヨチと歩く姿がこれまた愛おしい。

男の子とは違う柔らかさや華やかさにじいじもばあばも癒されるばかり。

が、これでなかなか気が強く、ニイニたちにモノを取られまいと大声を張り上げる様は、近い将来、家族の中で女王様として君臨するのではとちょっと心配にもなる^^;

お雛様を出すことを怠けたので、ひなまつりと言ってもそれらしいものは無く、スーパーで買った桜餅が唯一の彩り。

それでも孫たちの賑やかな声が桃の節句を明るく盛り上げてくれた。

 

今日も朝から穏やかな晴れ。部屋の中に日差しが差し込んで暖かい。

心の中まで温められる、そんな思いになりたくてNHKBSで“寅さん”を観た。

 

やっぱり寅さんはあったかい。

そして最後にはセツナサと温もりの入り混じった涙がホロリ、だった。

 

……………

 

今から10年以上前のこと。

『寅さんの伝言』というタイトルで新聞に連載されていたコラムがある。

映画男はつらいよで寅さん(渥美清さん)と共演したマドンナたちをはじめ、
シリーズに出演したお馴染みの俳優さんたち。

それから山田洋次監督やスタッフ。さらに地方ロケで出会った現地の人たち。

そんな人々が寅さんとのエピソードや寅さんへの思いを語っていて、毎回楽しみにしていた。

 

当時、その中の一つのエピソードを取り上げてブログに書いた。

 

💻

ある回は、寅さんのいくつかのシリーズに出演した赤塚真人さんだった。

第38作『知床慕情』の際、
ロケ地で夕日を見ながら「俺は何のために生きているのかなあ」とつぶやいた赤塚さんに、渥美さんは言ったそうだ。

「何て言うかな、ほら、あー生まれてきて良かったなって思うことが何べんかあるじゃない。そのために人間生きてんじゃねえのか」

 

「何のために生きているか」と考えた時、大きな何かを探そうとしたり、大きな何かが欲しくてモヤモヤしたり。

それが見つからないと生きている意味が無いと焦っちゃったり。

だけど、

生まれてきて良かったなと思うことが何遍かでもあるでしょ

そう思うために生きてるんじゃないの

そう言われたようで、自分も気が楽になると言うか、肩の力が抜ける気がしたものだ。

 

確かに寅さんはそうして生きている。

人生の哀愁を噛み締めつつ、生まれてきて良かったなと思えることに出会いながら、彼は旅を続けているだろう。

例えば大きな何かを成し遂げられなくても、何の役にも立てないと思えても、だ。

 

💻💻

寅さんの映画は、見るといつも泣けてきた。
寅さんの飄々とした物言いや、周囲とのハチャメチャがおっかしくて、
お腹の真ん中から笑っちゃうんだけど、
それを見ていながらの切なさも半端なくて、
ちょっと嗚咽しちゃうくらい泣かされることもあった。
古くさいけど鮮烈で、
まともじゃないのに正しい。
そんなことをいつも感じた。
そしていつも、温めてくれた。

 

古くさいけど鮮烈で

まともじゃないのに正しい

 

いつもそう感じて“寅さん”に魅了されている。

 

※この場合の「まとも」は常識的とか真面目といった意味合いで用いました(;^ω^)

 

 

ばあばの古いケータイがお気に入り。モシモシしてます(^^)

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「味わうために生きている」ドリアン助川さん~その後


いつも楽しみにしてお伺いしているブログ。

最近の記事でドリアン助川さんに触れられていて
なんだか嬉しくなりました。


10年前、自分もドリアン助川さんについて、こんなこと書きました。


……………


ドリアン助川さんという人がいる。


硬い刺で全身を覆い、果肉は強烈な臭いを放つドリアン。
あまりにも個性的なその果物が頭に付いた名前、
加えて、彼自身のパワフルな風貌も非常に印象的なのであるが、
実は彼のことはあまり知らない。


しかしながら、
偶然に彼の言葉を耳にし目にしたその時々に、
ふっと肩の力が抜けたこと、
何度もあったように思う。
そうか、それでいいんだと勇気づけられたことも。
なんだか不思議なのだけど、
自分の心の一番敏感で弱虫なところにふっと温かく沁みる言葉をかけてくれる、
そう感じる人なのである。


ドリアン助川さん。
作家、詩人、道化師、ミュージシャン。
1962年 東京都生まれの神戸育ち
Wikipediaにある。


最近、彼のコラムが紙面で見られるようになり、
毎週楽しみにしている。

先週の土曜日は

『クリームパン“あんがないのも人生さ”』というタイトルで
お祖母さまと分け合ったクリームパンの思い出に触れている。


“若かった両親が経済的困難にコブラツイストかましたり、かまされたりしている最中だった”幼い頃、
お祖母さまとよく旅をした助川少年。
北海道の親戚の家の前の磯で、自ら採ったウニで作ったウニ丼、
岩手の酢漬け食用菊、群馬の干し芋、そして各地の駅弁の味わいとともに、
こうした記憶が自分の底を作っている、と先ず書かれていて。


さて、クリームパン。
昭和40年代半ばのことだから、今ほど多種類の菓子パンはなかった。
祖母がうれしそうな顔で買ってくるのは、たいていクリームパンかジャムパンだった。

兵庫県のとある町。
六甲山が見える団地の小部屋で祖母が袋を破り、クリームパンを取りだした。
はじっこをちぎって私にくれ、次をちぎって自分の口に入れる。

すると祖母がこう言ったのだ。
「このクリームパン、きっとクリームが入っていないよ」
「えーっ!」
まさかそんなはずはないと思った。
関西で一番大きな製パン会社のクリームパンなのだ。
クリームがかたよって入っているに違いないと私は主張したが、祖母の勘がその先を見越していた。


お祖母さまはその後もパンをちぎっては助川少年にくれたが、
クリームは一向にその姿を見せず、とうとう最後までクリームは入っていなかった。

文句を言いにいく?と訊く助川少年にお祖母さまは
「食べたあとでクリームが入ってなかったと言ってもね」と笑ったそうだ。


ここからは私の想像だが、
「クリームの入っていないクリームパンを食べられたのも、ひとつの味わいだったね」
と祖母は伝えたかったのではないか。
笑顔がそう語っていたように思う。


家庭に恵まれず育ち、結婚も破局に終わった祖母は、クリームの入っていないクリームパンを食べ続けたような人だった。
だが、これはこれで味わい深いのさと、自分に言い聞かせてきたのかもしれない。
もしもそうなら、その姿勢は私が継いでいる。
勝ち負けではなく、味わうために生きている


味わうために生きている。


いいなぁと思う。
いい言葉だなぁと。
そんなふうに生きてみたい。


人生の困難も、
奥に隠れた味わいを見つけ出し、
受け入れ、
もひとつ頑張って面白がることも出来たら、
けっこう、人生楽しいかもと思う。


クリームの入っていないクリームパンを食べたことを想像してみる。
食いしん坊の自分だけど、
最後のパンをゴクンと呑み込んだ後、きっと笑っちゃうかな。
こんなこと、そうそう無いよ。
逆にラッキーじゃん!って、多分大騒ぎするな。


……………


「味わうために生きている」


10年前、この言葉の意味するところを自分なりに実感を伴いつつ理解したはずでしたが

今思えば、真に実感していたわけではなかったのかな。


10年が経ち、高齢者と呼ばれるようになり
あちこちに不備不良が出て
思うようにいかないことが増えてきた時

もちろん嘆く気持ちも湧くのだけど
その後にそんな不備不良を、まあ仕方ない、こんなこともあるさと己を宥め

何なら、自虐の中に面白みや味わいを見つけようとする瞬間が自ずとあること。

下を向かず、朗らかに生きていく術でもあります。


そういう意味で、

今や、そうしようと考える考えないに関わらず
身の回りや自分が動くそこかしこに「味わい」は溢れているなあと思うわけです。

それはもう、確かな実感を伴って。


積極的な意味でも「味わい」を求めるようになりましたね。

歳を重ねたせいでしょうか。


次から次へと欲しいモノを手に入れようとした若い頃。

そうして手に入れたモノたちを結局は簡単に捨ててしまう虚しさや愚かさを経て
一つのモノを大切に味わい尽くすことに喜びを感じるようになりました。


アンテナを張り素早く見て聞いて動けていた自分が
すっかり鈍くなり置いて行かれるとしても

目には見えない、耳には聞こえないモノをゆっくり味わう心の余裕をもらえた気がします。


歳を重ねた“おかげ”でしょう。


……………


「味わうために生きている」

「生きていることを味わう」


生きることの醍醐味をこれからようやく分かっていくのかもしれません。

(もうすっかりいい歳ですが^^;)



ドリアン助川さん著書で映画にもなった「あん」。素晴らしい作品でした。
komakusa22.hatenablog.com



PVアクセスランキング にほんブログ村 

卵焼きの味付けは砂糖?塩?~実家と義実家の食文化の違い


卵焼きは甘いのが好きか、しょっぱいのが好きか

という話題をテレビ番組で取り扱っているのを観て

ふと母と義母のことが頭に浮かんだ。


私が子どもだった頃の母の卵焼きは塩味。やがて出汁で味付ける出汁巻き卵に。

つまり甘くない卵焼きである。

卵焼きを作る際に砂糖を入れるという発想は母には無かったと思う。

私自身も卵焼きに甘いという概念はないまま成長。

江戸前の握り寿司の“玉子”を食べる時には、いつも微かに違和感を覚えながらだった。


片や、義母の卵焼きは砂糖たっぷりの甘いもの。

初めて作る様子を見た時、溶いた卵にドバドバと大量の砂糖を入れるのでビックリ。

まさにカルチャーショックだった。

鉄のフライパン、しかも高温で焼くものだから、砂糖が焦げて黒くまだら模様になっている。

口に入れるとお菓子の様に甘く、焦げはカラメルの様だった。


卵焼きが甘いかそうでないかは地域性もあるのだろうか。

私は関西と関東でそれぞれ暮らしたが、関西は塩や出汁で味付けする人が多く、関東は甘い(砂糖の)卵焼きを好む人が多い気がする。


……………


卵焼きに限らず、実家と義実家の食文化の違いは単純に関東と関西の違いでもあるだろう。(夫は関東、私は関西)

例えば、すき焼きの肉は夫の実家は豚肉だったが、我が実家は断然牛肉だった。

甘じょっぱい味に囲まれて育った夫と、薄味や出汁の味に慣れ親しんだ私。


また、性格や暮らしぶりなど真逆とも言える母と義母だったので

そんな母たちが取り仕切る食文化は自ずと違うということもある。

前にも書いたが、

例えば、母は一人一人の皿におかずを盛り付けたが

義母はたいてい大皿にドサッと盛る。

これに個別の取り皿でもあればよいのだが、そんなものは無く、皆で大皿のモノを各自の箸でつつくのである。

野菜炒めや煮物とかならまだいいが

焼き鮭を三切れとか切り分けていない大きな卵焼きを二つとか

それを大皿にドンと並べて、大人5人の食卓に出すのだ。

どうやって食べたらいいのかわからず戸惑っている私をしり目に

義父、義母、義妹、そして夫がやっぱり箸でつついて食べる。

大人5人に鮭三切れなので、一人一切れ食べてしまってはいけないことは皆了解していて、三分の一とか微妙に残す。

その残ったものを誰かがつついて食べる。

結局、これだけは最後まで慣れなかったな(;^ω^)


父は酒飲みだったので、実家の食卓には必ず酒のつまみが別に並んだ。

義父はお酒を飲まず食卓に酒類が並ぶことは皆無だったが、代わりに食後の果物は必須だった。

リンゴだったり梨だったり、その季節になればふんだんに旬のものを食べた。

食事が終わりそうになると、義母が台所から果物と包丁を持って来て、掌をまな板代わりに果物を切り分けた。

その器用で素早いこと。

母がそうするのを見たことが無かったので、初めて見た時にはその鮮やかな手さばきに痛く感心したものだ。


夫はお酒を飲むが、果物も大好き。

食後、果物の用意を面倒臭がらずやってくれる。

掌の上で器用に切り分ける様は義母譲りである。


そうそう、母と義母の食文化で共通するものが一つある。

うま味調味料(味の〇)の多用。

お浸しや漬物など、これをかければより美味しくなると、二人ともやたらパラパラ振りかけていた。


……………


ところで、

夫は義母の卵焼きで育ったので、卵焼きと言えば甘いもの。

しかし、結婚当初、私が作る卵焼きは塩味であることが多かった。

夫はそれに文句や注文をつけることは控えつつ

たまに甘い卵焼きを作った時には「美味しく出来てるねえ」と殊更に褒めた。(たとえ美味しくなかったとしても。実際、美味しくないことも多々)

そうした夫の地道な努力もあり(苦笑)

また、私自身も甘い卵焼き作りにようやく手慣れてきたのか

最近は、まあまあ上手く出来たと思えるようにもなった。


ちなみに、甘い卵焼き。

砂糖ばかりで味付けしても味がぼんやりして、さらに砂糖を加えたくなるが、それでは糖分過多でよろしくない。

塩をほんの少し加えるとキリッと味が締まり、甘味が増す。(今さら言うほどのことでもないでしょうが^^;)

“スイカに塩”と同じ原理、かな?



母はこうした卵焼き専用のフライパンを使っていたので、皆そういうものかと思っていたのですが、義母は丸い鉄のフライパンで一気にジャー!と焼いていましたね。なので、卵焼きというよりはオムレツかな?と思ったりしたけど、義母は「卵焼きだよ」と言っていました( ̄▽ ̄)



PVアクセスランキング にほんブログ村

今日は「雨水」


晴れた日が続いていましたが、今朝は雨の音で目が覚めました。

朝の天気予報によると、今週はずっと雨模様。
でも、気温は高めの様子。


そういえば、トイレのカレンダー、今日19日は「雨水」と書いてありました。

調べると二十四節気の「雨水」とは

雪が雨に変わって降り、これまで積もってきた雪や氷が解け始める頃
大地には草木が芽生え、昔から農業の準備を始める目安の時期となっている
暖かな雨が降り注ぐことで、凍っていた大地がゆるみ始め、春への目覚めを感じる
寒さも峠を越し、春一番が吹き、鶯の鳴き声が聞こえる地域もある


そもそも今年は暖冬で、「もう春?」と思うような日がけっこうあり
寒いの苦手な自分には有難いばかりでしたが
暦の方でも確かに季節の移り変わりを知らせてくれていることに
春はもうすぐ…とウキウキ。


今日は確定申告も済み、少しばかりですが還付金もあるようなので
もう少し暖かくなったら何処かへお出かけしましょうか(❁´◡`❁)



ところで、

今年の目標として掲げた筋肉増量・増強ですが

週に3回はジムで筋トレ、ウォーキングや軽いジョギングを行うよう心掛けていて
今のところまあまあクリア出来ています。(まあまあ…です^^;)


先日、ウォーキングをしている公園で以前のバドミントン仲間に偶然会い
当時のメンバーが皆アラ還になっても続けていると聞いて
ああ…またバドミントンやりたいなぁと、ちょっと思ったんです。
自分でも意外でした。

もちろん、軽~いバドミントンですが(^▽^;)

その為にも頑張って鍛えてみようと改めて思って。

もし実現したらスゴイぞ💪



ウォーキングの途中、白梅も咲き綻んでいます



2月の初め、大雪の日。雪の上に次男孫と三男孫が落ちている、の図(笑)


別の日。夕景の中、次男孫と三男孫が手を繋いで歩く、の図



PVアクセスランキング にほんブログ村

『カラーパープル』~ミュージカル映画にリメイク


カラーパープル 観ました



巨匠スティーブン・スピルバーグが1985年に手がけた名作映画「カラーパープル」をミュージカル映画としてリメイク。
ピュリッツァー賞を受賞したアリス・ウォーカーの同名小説と、ブロードウェイでロングランヒットを記録したミュージカル版をもとに再映画化する。


横暴な父に虐待され、10代で望まぬ結婚を強いられた女性セリー。唯一の心の支えである妹とも離れ離れになり、不遇な日々を過ごしていた。
そんな中、型破りな生き方の女性たちとの出会いや交流を通して自分の価値に目覚めたセリーは、不屈の精神で自らの人生を切り拓いていく。
(「映画.com」より)


スティーブン・スピルバーグ監督の作品かと思いきや、監督は新鋭ブリッツ・バザウーレという人

スピルバーグ氏は製作陣の一人としての参加だった


スピルバーグ氏が監督として手掛けた1985年版の『カラーパープルを実は観ていない

なので今回のミュージカル映画版とどちらが良いのか、或いは全く別物なのか、といったことはわからないが

その上で、多分自分はミュージカル版の方が好きなんじゃないか

そう思わせられるほどの素晴らしい仕上がり、完成度の高さだったと思う


主人公セリーのあまりにも悲惨な境遇

人種差別もだが、女性蔑視の描かれ方がとにかく凄まじい

こんな時代が本当にあったのかと

少しは知っているつもりだったけど、その上を行く悲惨さに同じ女性として許せない思いで苦しくなるほど

虫けらの様に扱われ痛めつけられるだけの日々を送っていたセリーが

二人の女性(シュグとソフィア)と出会い、深く交流する中で、少しずつ自らの目を開き心を開き、人生をも切り拓いていく

上映時間141分の長さを全く感じないまま、その過程に目を奪われ続けた


女性蔑視をはねつける彼女たち(特にシュグ!)の言葉があまりにも痛快でドキドキ!

そんなふうに言ってしまいたいこと、自分にもあった


そして、何と言っても最高だったのは 

それに尽きる

彼女たちのパワフルでソウルフルな歌声は、字幕が伝える歌詞を通して

「希望」や「愛」だけでなく「怒り」や「嘆き」でさえもこちらの心を熱く震わせ、勇気づけてくれる

過酷なテーマではあるけれど、ただ悲しく惨めなだけじゃないと

怒り、立ち向かい、前を向く彼女たちの魂の叫びが音楽にのり、よりエモーショナルに突き刺さるのだ


自分的には音楽が救いであったかもしれない

1985年版ではいったいどのように描いたのだろうかと観ながら考えた

とにかくズシンと重いシーンの連続なので、これを音楽無しで観るのはしんどいかもしれないなと


スティーブン・スピルバーグ監督の作品はどれも大好き

観てはいないが、1985年版の『カラーパープル』もきっと素晴らしかったことだろう

それでも今回、

ミュージカル映画にリメイクし、より素晴らしいものになったのでは…?(スミマセン💦想像の域を越えないのですが)

音楽の力が加わり、より強く、より深く、より実感を伴って、観ている者の心を打つことに成功した

まぁ、ミュージカル好きゆえの感慨かもしれないが、あくまでも個人的にはそう思った(^▽^;)


彼女たちの歌を聴きに、また『カラーパープル』観に行きたい!



PVアクセスランキング にほんブログ村