こまくさ便り~Your Smile

娘、妻、嫁、母、ばあば、そして「私」の日々を綴ります

「鉄道員(ぽっぽや)」浅田次郎~あなたに起こるやさしい奇蹟

鉄道員(ぽっぽや)」 著者 浅田次郎 直木賞受賞作

恥ずかしながら、自分の知識としてあったのはこれだけ。

いや、もっと言えば、浅田次郎氏を新田次郎氏と思い違いしていた。ずっと。

新田次郎と言えば「八甲田山死の彷徨」など山岳小説で有名。妻は藤原てい

ずい分と年上であられる、そして今は亡きその人の作品だとずっと思い込んでいたのだ。

先日、テレビで映画『鉄道員(ぽっぽや)』を観た。

その後、いつもお邪魔しているブログで小説「鉄道員(ぽっぽや)」を取り上げておられるのを拝読。

表題作の他に「ラブ・レター」「悪魔」「角筈にて」「伽羅」「うらぼんえ」「ろくでなしのサンタ」「オリヲン座からの招待状

全8編からなる短編集であることを知った。

高倉健さんが演じた映画『鉄道員(ぽっぽや)』は、凍るような悲しみや裂かれるような切なさの中にも、それらを融かすほどのしみじみと愛おしい情景が描かれていて、温かい涙が零れた。

それに加えてのこれらのタイトル。心惹かれないはずがなく、Amazonでポチリ。

翌々日に届いた文庫本のカバーに記された著者紹介を見て愕然。

1951年生まれですって⁉少し年上ではあられるがまあまあ同世代。

そこで初めて気づくのだ。新田の次郎さんではないことに。(;^ω^)

 

f:id:komakusa22:20210116232938j:plain


「あとがきにかえて」より

本著の初版に巻かれたオビには、こういう言葉が添えられていた。

 

あなたに起こる やさしい奇蹟

 

「奇蹟」をモチーフとした短編を蒐(あつ)めました、というほどの意味である。

いくぶん気愧(はず)かしいけれども、いい文句だなと私は得心した。八つの物語を読みながら、読者の心に小さな奇蹟が起こってくれるなら幸いである、と思った。

 

1997年に直木賞受賞。140万部を売り上げた大ベストセラー作品。

今回、Amazonのレビューでも多くの人が思いの丈を書き込みされていて、この本がいかに愛されているかを遅ればせながら認識した次第。

そんな自分が今さらこの本の紹介を書くこともないのだろう。

 

ただ、まだ読んでいないという方がおられたらお勧めしたいなぁと。

ちょっといい話、ちょっとほっこりする話。

悲しいけれど、せつないけれど、最後にはあったかい気持ちになれる。

そんなお話が好きな方ならなおさら。

やさしい奇蹟の物語である。

 

思いついたこと、書こう。

鉄道員(ぽっぽや)」。登場人物の台詞が本当に良かった。いちいち心に沁みた。

映画で健さんの声で聴くのも良かったけど、自分的には一文字一文字目で追い噛みしめることでより一層心に届いた気がした。

映画より泣けてしまった。

「ラブ・レター」も泣けたなぁ。純愛が苦しくなるほどに悲しかった。

角筈にて」も、何だか孫のこと浮かべたりして、小さい人の愛しさに泣けた。

子はどんな親でも愛して欲しいし愛さずにはいられないってことが悲しくもあるのだ。

「うらぼんえ」。奇蹟と呼ぶならこれぞまさに痛快な奇蹟の物語。

そして、ただただひたすらに愛し守ろうとしてくれる人のいた幸せに思いを馳せ、その幸せをもう一度抱きしめたくなった。

 

社会の片隅で一生懸命生きる人たちへの著者の優しい眼差しがどの作品にも満ちている。

それと共に、真の正義とは、本当の罪深さとは何なのかをも問いかけられていると感じる。

ただそれは厳しく裁くでもなく、突き詰めて明白にするわけでもない。

ありきたりな言い方をすれば、人として大切なこと、守るべきものが押し付けがましくなく散りばめられ

やさしい奇蹟の物語はまるで大人の童話であるかのよう。

読み手はそれぞれのタイミングや立場などによってそれぞれに感じ入っては、自分の心を癒し取り戻そうとするのかもしれない。

 

余談だが、そして今さらだが、映画『壬生義士伝』も浅田次郎氏の原作と知り、深く納得。

あれも良かった。主人公の生き様と死に様に号泣したっけなぁ…。 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

よろしければポチ頂けると嬉しいです(^^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村

青空と蝋梅とシクラメン、と貴景勝関

真っ青な空の下

3月並みの暖かさに誘われいつもの道をウォーキング 

f:id:komakusa22:20210114175700j:plain

ちっとも信心深くない私だけど

ふと思い立ちコロナ終息を祈り手を合わせました

 

 

今年もまた実家の庭に蝋梅の花が咲いたと夫から 

f:id:komakusa22:20210114180353j:plain

鼻が利かない自分でも香りがわかるって(笑)

母思いの夫のことだから施設に入所している義母に持っていってあげたかな

コロナ禍で直接会って手渡すことは出来ないけれど

義母が育てた蝋梅の香りは義母をきっと慰めてくれることでしょう

 

 

筆先のような蕾がぞろり 

f:id:komakusa22:20210114181040j:plain

花開く準備万端です

 

 

大相撲初場所5日目

大関貴景勝関にようやく初日が出ました

観客もほっとしたように温かい拍手

これから全勝する勢いでガンバレ!

 

……………

 

コロナで亡くなる人のことが多く取り上げられるようになった気がします。

搬送困難が急増し、治療が間に合わなかったり、自宅待機のまま亡くなったり。

状況が確実に悪化していることに誰もが(若い人も)きちんと向き合うべきでしょう。

正しく恐れて、「感染しない」「感染させない」ことをそれぞれがしっかりと心に留めなければいけない。

引き返せないところまでいってから「ああしていれば」「こうしていなければ」と後悔しても遅いのです。

自他ともに認めるノンキ者の私ですが、今、新型コロナウイルスが恐いです。

自戒を込めて。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

よろしければポチ頂けると嬉しいです(^^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村

字幕表示を活用

いつもお邪魔しているブログでテレビの字幕表示について書かれていた。

テレビで映画を観ていたところセリフが聴き取りにくく、字幕表示にしたら明確にセリフを把握できた、というお話。

そのすぐ後、BSで高倉健さん主演の『鉄道員(ぽっぽや)』を観た。

すると健さんのセリフが聴き取りにくい。健さんに問題があるのではない。

近頃、自分の耳はテレビの中の男性の低く渋い声が聴き取りにくく、ボソボソと喋られると更にダメ。

つまり自身の加齢によるものなのだ。

健さん演じる主人公は“ぽっぽや”一筋に生きてきた朴訥な男。

低音の渋い語り口が魅力だが、その渋いセリフが聴こえなければ意味が無い。

そこでハッと思い出したのが件(くだん)の字幕表示。

すぐさまONにしたところ、健さんのセリフが一言一句つぶさに見える。

日本語を耳で聴きながら日本語の文字を追うことに違和感があるかと思ったが、少なくとも自分は無かった。

それどころかスムーズにセリフが入ってきて、耳を殊更そばだてる必要が無いのも楽。

「今、なんて言った?」「聴こえないから静かにして」と軽く苛立つストレスも無い。

今後は字幕表示、活用しようと思う。

ちなみに夫も聴こえが悪い。

夫も私も今のところ聴力検査で異常が認められるには至っていないが、やはり加齢によるものだろう。

2歳年上の夫は私よりも聴こえないようだ。

テレビの音量も知らないうちに大きくしていて、突然の大音量に驚かされることも度々。

妻「音、大き過ぎない?」夫「えー、大きくないよ」でバチバチ

字幕表示することで夫婦の諍いが一つ減るとすれば何よりである(苦笑)

 

……………

 

母方の祖母は私が物心ついた頃には既に高齢で、耳が遠くなっていた。

子どもの頃、母の実家に行き祖母と話すのが少し苦手だった。

一生懸命話してもおばあちゃんに伝わらない。

それが嫌でだんだん祖母と話さなくなり、祖父とばかり話していた気がする。

祖父はいつも祖母の耳元に大きな声で話しかけていた。

私の話もそうして伝えてくれると、祖母はようやくにっこり笑ってくれるのだった。

祖母は常に穏やかな表情で家族の中にいたが、家族の会話が理解できていたかはわからない。

今さらだがどんな気持ちだったのかなと思うと、祖母に優しく寄り添えなかったことが申し訳なくて、

ほんと今さらながら心が痛む。

 

その娘の母も早くから聞こえにくくなっていたと思う。

母の二人の兄もそうだったので、遺伝的?体質的?なものがあるのかもしれない。

高齢になりいよいよ聞こえなくなり補聴器を作ったが、使いづらいこともあったのか、あまり功を奏さなかった。

入れ歯で活舌が悪い父と耳の遠い母との会話はなかなか繋がらず、父の癇癪で強制終了することもしばしば。

その頃、1ヶ月に一度、一週間ほど手伝いに通った私。

滞在中、母に何かを伝えようとする度に、大きな声を出す為の肺活量と同じことを言い続けるくじけない心を求められた。

あまりにも伝わらなくて、時には声を荒げたこともあった。

帰りの新幹線ではいつも、母にキツイことを言った後悔で悲しくなった。

いつしか、家族の会話の中でお喋りだった母は口を出すことが減り、わからないことを諦めたかのようだった。

受話器越しの声はよく聴こえるようで、電話ではたくさん話したのがせめてもの母の楽しみだったろうか。

テレビの声が聴こえないと嘆いていた母に字幕表示を教えてあげられたらよかった。

 

私もいつか聞こえなくなるかもしれない。

その時初めて、祖母や母の耳に起こっていたことを知るのだろう。

そして、戸惑いや悔しさや切なさを知るのかもしれない。

目に見えないことを想像するのは難しい。

それでも、見えないものに寄り添い理解しようとする気持ちは忘れずにいたい。

祖母や母にもそうでありたかった。

 

 

f:id:komakusa22:20210113090921j:plain

鉄道員(ぽっぽや)』1999年公開なので、健さん68歳の時でしょうか。かっこよすぎる( *´艸`)
 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

↑よろしければポチ頂けると嬉しいです(^^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村

成人の日に

寒い日が続いています。

ただ、日本海側の大雪を思えば、ここ関東平野は申し訳ない様な晴天続き。

今日は少し曇っていましたが、それでも風も無く穏やかな一日でした。

 

少し前に体調を崩した次女の手伝いに出かけて行きました。

祝日の今日は孫たちの保育園はお休み。

医療従事者のパパはお仕事です。

いつもは元気印の次女もさすがにしんどそうで、

孫たちは元気を持て余しているようなので、たくさん遊びました。

思いっ切り童心に返って孫と遊んでいると、心の底から楽しい自分がいて、

その昔、子育てしている頃、我が子と遊んでいてこんなに楽しかったかしらと思うほど(苦笑)

ただただ遊んでいればいい、じいじばあばならではの余裕ってやつでしょうか( ̄▽ ̄)

娘が孫に事細かく注意しているのを聞いていると(いちいち言わなくても大丈夫なのに)などと心の中で呟いています。

(そんなことで怒らなくても)とか。

そう言えば、娘たちが幼かった頃、何かイケナイことをしたので夫が軽く頭を叩いて叱ったら、

「そんなことで叩くんじゃない!」と義父に厳しい口調で怒られました。

私もハッとして確かにそうだと義父の言葉を有難いと思ったのですが、

後で夫が「自分は散々俺を叩いたのに」と言うので笑ってしまいました。

私自身も娘たちには口うるさい親でしたから、次女のことは言えません(;^ω^)

 

行き帰りの車の中から見えた晴れ着姿の娘さんたち。

道が混んでるなあと思っていたら、そうか今日は成人の日だった。

コロナ禍の中、私の住む市では成人式がオンラインになりました。

例年は大会場で式典が行われますが、今年はそれぞれが小規模で家族や友人と祝うのでしょう。

道沿いに大きな神社があるのでお参りもされたのでしょう。

それもまたよろしいなぁと温かい気持ちになりました。

 

成人式と言えば、末っ子の成人式式典の日は当地では滅多に無い大雪でした。

思わぬ状況に朝っぱらから雪まみれでタイヤにチェーンを巻いた夫。それを手伝う私も雪まみれ。

既に湿り気味の晴れ着姿の末っ子を何とか会場近くまで送って行きましたが、

歩いて会場に向かう間に足袋と草履は雪でグショグショになったそうです。

式典が終わる頃に迎えに行くと、足袋や草履はおろか着物の裾や振袖までも濡れてどんより顔の末っ子。

新成人の旅立ちは冷たく凍えるものとなったのでした(^▽^;)

 

明日は関東地方平野部も雪の予報が出ています。

せめて今日の成人の日。穏やかな日で良かった(*´▽`*)

 

 

f:id:komakusa22:20210111200942j:plain

夕焼けに厚い雲が迫り覆い隠して

確かに明日は不穏な感じ…

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

よろしければポチ頂けると嬉しいです(^^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村

大人になったなと感じたとき

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

 

二十歳になり(堂々と)お酒を飲めるようになった時?

社会人になり親の扶養から外れた時?

確かにそれらも大人になったことを意識した瞬間でしたが、

本当の意味で大人になれたのは、親の家を出て自活、たった一人の暮らしを経てようやくだったかもしれません。

 

……………

 

はるか昔。

就職して2年目の春、唐突に家を出ることを決めた私。

このまま親の家に居続けたら、父のことを大嫌いになると思ったからです。

父娘で向き合うといつも、強く出すぎる自我と自我が闘っていました。

顔を合わせれば何かしら諍いが起こり、そんな私たちを見ていると気分が悪くなると母が嘆くほどでした。

だから、少し大げさだけど、野生の生き物の世界で子別れの儀式があるように、ある意味本能的に別れようとしたとも言えます。

生き物の成長の過程としてなるべくしてなったというような。

それにしたって、あまりに突然に家を出ることを宣言し、そのすべてを決めてきてしまった私の行動は、

自立とは程遠いまるで当て付けのような幼稚な反抗であり、親の気持ちを無視したものでした。

しかし父と母は唖然としながらも、非難めいたことをほとんど言わず、さほどの心配も見せずでした。

当然自分ひとりで引越しをするつもりだったのに、世間知らずな娘に代わり次の日にはトラックを手配してくれた父。

当日は荷物を一緒に運んでくれました。

母は、いつもの様におにぎりと卵焼きをお弁当にしてくれました。

そして、三人で運転席に座り、環七を東京へ向かって走ったのです。

偉そうなことを言っても、結局親がかりな旅立ちでした。

引越しが済んで別れ際、父と母の顔を見ながら、既に親の有難さとあまりに幼稚な自分自身を思い知らされていました。

 

 

思春期の頃、私は家の中で横暴な(その頃の私にはそう見えた)態度の父が許せなかった。

人間は平等でしょと憤る私に母はいつも、パパとあんたは違うと繰り返しました。

人間は平等であるけれど、家の中でのその立場は違う。

だから、はっきり言ってしまえば親と子は平等ではないと。

今思えば、甘やかされて育ち、幼稚なことで盾突き、親の有難みを思わない私に、

母は、おのれが安心して暮らせることの有難さや親を敬い子としての立場をわきまえることの大切さを教え、求めたのだと思います。

それはまさに自分が大人になる為に必要なことであったと今はわかります。

けれど、その頃の自分に母の思いを理解できようもなく、親子の不平等を納得出来ようはずもなく、

どんなに世間の正論を吐いても、ただ親と子は違うと言い放たれ、あっけなく退けられる毎日に、家を出ることを決意したのです。

 

そうして、たった一人になり、ようやく親の有難さと幼稚な自分自身を思い知った時、

大人へと一歩踏み出せたのではないかと思います。

 


ずい分経ってから、父が感慨深い顔で

「お前が出て行ってから、車のラジオで金八先生の“贈る言葉”を聴いた時には涙が出た」

と言ったことがあります。

父は妙に芝居がかって勿体をつけるところがあり、それも又思春期の私をイラつかせたのですが、

その時の父のちょっとクサイ台詞を優しい気持ちで受け入れることが出来たのは、少しは大人になれていたからかもしれません(笑)

 

 

f:id:komakusa22:20210109141940j:plain

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

よろしければポチ頂けると嬉しいです(^^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村