こまくさ便り~Your Smile

娘、妻、嫁、母、ばあば、そして「私」の日々を綴ります

挨拶したら……?

昨夕のニュースで、猿が住宅地に出没し畑の作物や庭の果実をかじるなどして、住民が困惑していると伝えていました。
人間が追い払おうとすると逆に威嚇してくるので非常に怖い。
サルくんたちもわざわざ人間たちを困らしたろと考えてやっていることではないのでしょうが。
山を下りたらなんや美味しそうな物があるやないの。食べてもええの?ほな食べますわ。また明日も来よ🐵
そんなところかな?
しかし、丹精込めて作った作物を好き放題に食べられたら、そりゃ憎いサルめ!となりますね。
以前のブログのお友達は、楽しみでやっていた畑を毎日の様にサル軍団に荒らされ、せっかく出来た作物も収穫前にことごとく食べ尽くされるので、「サルたちに食べさせる為に畑やっている気がする」と嘆いておられました。

猿だけでなく鹿や熊のニュースも最近よく耳にします。
昨日は熊が住宅地に現れ、走り回っている映像も流れました。
ここのところ人間が襲われるケースが頻発しているからでしょうか。現地の人たちは戦々恐々。
駆除ということで射殺されました。
エサを求めて下りてきたのだろうと猟友会の方。
可哀想にと思うのと、仕方ないのかと思うのと。いつも複雑な気持ちになります。


そんな中、ふと目に留まったネットニュース。

山形県のとある町で、朝、登校中の女子児童が道路に人の様な姿を見かけて挨拶したところ、熊🐻だったというもの。
挨拶された熊は山林へと逃げていったそうです。
児童たちはいったん自宅に戻り保護者と一緒に登校。
警察署は下校時間帯に付近を巡回、翌日の登校時間帯にはパトロールするなどして警戒。
当面の間、保護者による登下校時の送迎を依頼したとのことです。

女子児童も親御さんもどんなに驚かれたことでしょう。
熊が逃げたから良かったものの、もしこちらに向かって来ていたらと考えると、何事も無くて本当に良かった。
今後熊には大人しく山に留まってもらって、もう下りて来ないように。
そして、人間たちも安心して過ごせますように。
人間はもちろんですが、出来れば熊にもむやみに傷ついてほしくない。そんなことを少し思うのです。


ところで、
このニュースに実はちょっとほっこりしちゃいまして。

この町の小さい人たちは知っている人じゃなくても行き会えばきちんと挨拶するのだなぁと。
素晴らしい!
それがしっかりと身に付いているから、実は熊だったにもかかわらず人の様と思えば反射的に挨拶しちゃったんでしょうね。
危なかったけれど、素晴らしいです。
いや、危なかったんだから素晴らしいって言ってはダメ?
やっぱり気を付けてと言うべき…かな(;´Д`)

身近に熊に遭遇する危険性の極めて少ない私などには、その恐怖や緊迫感は到底わからないのでしょう。
ほっこりだなんてそんな呑気なこと言って!とヒンシュクものなのは重々承知しとりますm(__)m



f:id:komakusa22:20210623234631j:plain

ところざわのゆり園にて(2018年6月)


よろしければポチ頂けると嬉しいです(^^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

『ひきこもり先生』佐藤二朗さん

佐藤二朗という俳優さんをご存じでしょうか。

※画像はデイリースポーツさんからお借りしました

f:id:komakusa22:20210622115422j:plain


とてもキャラクターの濃い俳優さんと私は感じていて、映画やテレビドラマなどでは、例えば主役でなくても非常に際立つ演技をされるなぁと。
最近では、テレビドラマ『今日から俺は‼』の武道家役や映画『新解釈・三國志』の武将役でその奇才ぶりを拝見しました。
また、クイズ番組の司会もされていて、え?あの二朗さんが司会?とちょっと驚きましたが、やはり独特の司会ぶりが好評なのでしょうか。
パイロット版の放送を経て、土曜夜のゴールデンタイムの放送が2018年から続いています。

こうして書いていますが、彼の演技やキャラクターを面白いと思うことはあっても、特別好きということでもなく。
正直言えば、賑やかでハチャメチャな圧の強さが、時に観ていてお腹一杯と感じることも。(失礼を、スミマセン)
素なのか演技なのか、それともサービス精神なのか、自由奔放に振れる感じに、時についていくのがシンドイことも。(何度も、スミマセン)
もちろん、彼のファンにすればそれがイイ、そこがたまらないのでしょうね。
そして、私などが知らない“佐藤二朗”をファンの方々は知っている。そうなのだと思います。


先々週から始まったNHKのドラマ『ひきこもり先生』佐藤二朗さんが主演されています。

人生損ばかりの「元ひきこもりの50歳男」が中学校の不登校教室の非常勤講師に!

11年間のひきこもり生活を経験した主人公・上嶋陽平は、ひょんなことから公立中学校の非常勤講師となり、不登校の生徒が集まる特別クラス「STEPルーム」を受け持つことに。複雑な家庭環境、経済苦、クラスの中での居場所のなさ…一筋縄ではいかない中学生の心に深く分け入り悪戦苦闘!
これは、新時代への不安と向き合いながら社会とのつながりを模索する大人と、子どもたちの物語。「生きていける場所」を求める日本人へのメッセージを送ります。(番組公式サイトより)


最初、二朗さんが演じる「ひきこもり先生」を勝手にイメージし、どうしようかなぁ観ようかなぁと少し躊躇う気持ちがありました。
苦しさを抱える子どもたちに体ごとぶつかり、熱く語りかけ、力強く背中を押す。
そんなドラマに、彼の、あの常軌を逸したかのような(これまた失礼💦)熱がおそらく発揮され、汗や涙にまみれた熱いドラマになるんだろうな。
でもそれってよくあるパターンだなと、想像がつくものを観ることに少々興味が削がれたのです。

けれど、実際は少し違っていました。

心に大きな傷を抱え、大切なものを失い、長年の引きこもり生活からなんとか抜け出そうとしている弱弱しく自信の無い50歳男。
情けないほどに言いたいことを言えず、言わなければいけないことも言わない。
そんな彼が、心に傷を負いたった一人で苦しむ小さい人にしたことはただ傍にいることでした。
寄り添う、それすら押し付けであることを恐れるかのように、少し離れてただ傍にいる。
励ましも慰めも口にせず、ただ傍にいる。
目の前にいる小さい人の苦しみに勝手に立ち入らない。
身勝手な励ましや慰めが何の役にも立たないことを知っているかのように。
激しいぶつかり合いや熱い言葉で小さい人を何処かへ導こうとすることが不遜であるかのように。
やがて彼を信頼し心をほんの少し見せてくれる小さい人に敬意の姿勢で応える。

社会の様々な歪みに苦しむ小さい人たちが本当に求めるものは何なのか。
彼の姿にとても説得力を覚えました。


それはストーリーや脚本が良いのもあるでしょう。
そして、何より佐藤二朗さんが素晴らしいと思うのです。
彼が稀有な素晴らしい役者であることに改めて深く思い至りました。
素なのか演技なのか、またここでも思ってしまうのですが、いや、もちろん役者さんですから演技なのでしょうが。
第1回、第2回と観てきて、二朗さんがぽろぽろと零す涙に痛く感銘を受け、知らず知らず自分も泣いていました。
その涙は、素の佐藤二朗という人から溢れ出すもののようでもありました。
目の前にいる小さい人たちを思い、悲しみに対峙する純粋で真っ直ぐな涙。
このドラマで彼が伝えたい思いがキラキラと見えるようでした。


二朗さんがNHKの番組に生出演された際、『ひきこもり先生』について声を詰まらせながら語られたそうです。

「人間が生まれながら持っているであろうきれいな考えが、現実ではそんなに甘くないだろうとなるが、人間の核みたいなものを持っている人。核にあるきれいごとを大人が子供達に…」

「あきらめちゃいかんとかね。それを上嶋陽平を通じて言えればなって」

「ひきこもりは、80・50問題もありますけど、いまだに甘えではないかという声もあると思います。そうではなくて一番苦しんでいるのは本人だし二番目に苦しんでいるは家族、周りの人。このドラマで、甘えだという声を覆したいとある種の決意を持って望んだ」


良いドラマだと思います。


↓よろしければポチ頂けると嬉しいです(^^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

身近になった「ワクチン接種」

最近のヨガでレッスン前にひとしきり話題になるのは「ワクチン接種」のこと。
年齢的に対象となっている方もちらほらいて、「接種券届いた?」から始まり、前回は「もう打った」とおっしゃる方も。
遊びがてら(ってサラッとおっしゃるんですよね^^;)東京の大規模接種会場まで出かけた方。
予約が取れなくてどうしようかと思っていたら、近くの整形外科で打ってもらえると聞き、すぐ電話を入れたら次の日に接種出来た方。
予約開始日はネットも電話も全然繋がらなくて途中で諦めてしまったが、翌日にはすんなり繋がった。
市内の特設接種会場は2ヶ所あること。
などなど、参考になる話をふむふむと聞かせていただきました。

夫(65歳~69歳のグループ)には既に接種券が届き、明日21日から予約サイトやコールセンターで予約開始。
開始当日に予約を完了させる困難さを伝え聞き、ネット画面の確認やシミュレーションなど夫なりに準備をしていたようです。
しかし、結局、特設接種会場で接種することを選択し、数日前に予約を済ませました。
特設接種会場での接種に限り予約開始が前倒しされるのです。
今月末には第1回目の接種。その3週間後には第2回目と相成りました。
実にスムーズ。ネットや電話が繋がらないストレスを回避できました。

夫は普通に近くのかかりつけ病院でと考えていたので、特設会場に出かけて行くという発想は当初無かったそうです。
ただ、そんなに混んで大変なら、少し遠くても自分一人でも行ける元気な我々は出かけて行ってもいいのかもねと夫婦で話しました。
2歳年下の私はまだ接種券が届いていませんが、夫の体験談を聞き問題が無いようなら、特設接種会場でワクチン接種受けようかなと考えています。


職場や大学などの職域接種が進み、若い人へのワクチン接種が進みつつあること。もちろん、一つの進展でしょう。
ですが、正直、良かった!と100パーセントで思えない自分がいます。
副反応はどの年代にも同様に起こり得るのだろうから致し方ないとして、将来への影響(身体に及ぼす)は果たしてどうなのかと、ネットなどの情報に不安を覚えてしまうのです。
何もわからない素人がネットに惑わされてるって笑われるのならいいんですけど。
今朝のテレビでは新型コロナウイルスワクチン接種担当大臣が「ご安心ください」と力強くアナウンスされていました。
自分の不安が杞憂に終わり、若い人たちが伸び伸びと過ごせる日が少しでも早く訪れますように願っています。


f:id:komakusa22:20210620121400j:plain

ところざわのゆり園(埼玉)にて(2018年6月)
ここのところお出かけ自粛中なので古い写真多用です(^▽^;)


よろしければポチ頂けると嬉しいです(^^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

「100万円あったら」

前回、「宝くじ」の記事を書いたら、いくつかコメントをいただいたのですが
ありがとうございます(^^)

衝撃的でした

皆さん、けっこう当たっていらっしゃるんですね
スゴイ!
「宝くじ」ってやっぱり当たるんだって思いましたよ

自分、一度も当たったことありません(末等以外)
今でこそ力尽きて「宝くじ」から足を洗って久しいですが、毎回欠かさずジャンボ宝くじを買っていた時期も長くありました
それだけでなく通常の宝くじもスクラッチもロトもナンバーズもトライしてきました
なのに全然まったくかすりもしない
ですから、「宝くじ」なんてものは当たるわけないと正直思っていました
仲の良い友だちにも、ちょっとした知り合いにも、知り合いの知り合いにも、当たったという人はいなかったし
でも、よくよく考えたら、もし当たっていたとしても言わないか…?

父や義母も当たっていた
これって何?
こうまで当たらないって
ワタシの日頃の行いが悪い?


諦めないでコツコツやっていればいつか当たるのかな


今週のお題「100万円あったら」………ドドーン!と宝くじ買ってみるか( ^皿^)


f:id:komakusa22:20210618225740j:plain

福よ、来い(^人^)  富士花鳥園


よろしければポチ頂けると嬉しいです(^^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

「宝くじ」当たるも良し当たらぬも良し

いつもお邪魔しているブログで「宝くじ」について書かれているのを拝読しました。
それで思い出したのですが…。

時はバブル景気の頃。1980年代後半でしょうか。
夫の会社も少なからずバブルの恩恵を受けたようで、ある時のボーナス。
「ええっ!!(≧∇≦)」と思わず歓喜の声があがるくらいいただけまして。
(と言っても多分世間的には大したことないのですが^^;)
その頃はまだ賃貸住宅に暮らし、住宅ローンも無し。
子どもたちも幼く教育費にはさほどかからず、さあ、どうするって話になりまして。
「宝くじ」買ったんですよね。ドドーーン!と100枚
滅多に買ったことのない「宝くじ」。たまに買っても10枚。
ほとんどの確率で無駄になるものにお金遣えませんから。
ジャンボ宝くじ、100枚。当時の(今もです)私たち夫婦にしたらめちゃくちゃ大人買いでした。

さあ、どうだったと思います?
100枚買って、末等10枚のみ。
30,000円費やして、3,000円の当たり………?これって当たりって言うのでしょうか。(言わない)
最初のうちは胸躍らせながら一枚一枚数字を見ていましたが、半分くらいから(まさか一枚も…?)と嫌な予感。
最後に近づくにつれて、(なんだよー、どういうことだよーー!)とムカついてくる。
最後の一枚がただの紙切れと引導を渡された時、ムカつく気力さえなく、虚しさに打ちひしがれる夫と私でした。

100枚では足りなかったのだろうか。
例えば1000枚買えば当たったのだろうか。
300,000円払い1億円当たれば元が取れるどころの話じゃない。100万円だっていいよね。
だけど私たち庶民が「宝くじ」に300,000円も遣える?もし外れたら被害は甚大だよ。ショックでしばらく立ち直れない。
私たち庶民はほどほどの金額でちまちまと「宝くじ」を買い続けるしかないから、チャンスは薄く、夢は遙か彼方なのだよ。
そしてお金持ちは、たくさんの枚数(しかも彼らにとってはたいして痛くもない金額なのだろうなぁ)を購入し、高額当選のチャンスが広がる。
こうして、お金持ちはますますお金持ちになり、我ら庶民は庶民のまま。

はぁ………..( _ _)ノ|

少ない枚数で高額を当てる。それが「宝くじ」の醍醐味でもありましょうが、なかなか難しいわけでして。
一枚買いで高額当選したという話を聞くと、「あっぱれ!」と拍手したくなります。

……………


父は生前、「宝くじ」をまめに購入していました。
高額ではないにしても時々当たることがあったようで、帰省した折などに嬉しそうに報告してくれました。
ある時、「あ、そういえば、パパ宝くじ当たったんよ」と珍しく母の方が口にしたら、「それ以上言うな」と父が制したのです。
(なに?)と思いましたが、聞かない方がいいんだなと聞くことはしませんでした。
おそらくけっこうな金額が当たったのだろうなと。
いつもの様にさらっと言えないような。
それで、ちょっとちょうだいと言われたら困るとでも考えたのでしょうか。
でも、ワタシ、それを聞いたからって欲しいって言いませんからーー!
って心の中で呟きながら気分悪かったのを覚えています。
父のそういうとこ、好きじゃなかったなぁ。被害妄想的と言うか、人の気持ちを悪く推し量るとこ。
その後、その話は一切出ませんでしたね。

義母も「宝くじ」を時々買っていたようです。
街中に出かけた際、思いついて売り場に寄り10枚買って帰る、という軽いノリ。
たいして欲の無いのが神様に好印象だったのか、少額ですが何度も当たりました。
ある時、10万円が当選。私たちに「あげようか」と言うのです。
もちろん断りましたが、本当に欲が無いなあと夫と話したものです。
そういう人が当たるんだろうなあとも。
ならば、前のめり気味に「宝くじ」をゲットし、捕らぬ狸の皮算用ばかりの私たち夫婦には当たらないねと苦笑いでした。

「宝くじ」当てたくて買うのだけど、当たったら当たったで思いもしない人間模様があるのでしょうね。
良いことばかりではないだろうなと想像出来る気がします。
確か高額当選者には“「宝くじ」が当たったら心すること”みたいな、指南書的な冊子が渡されるんじゃなかったかな?

f:id:komakusa22:20210617142043p:plain


はてな記法」というものを試しています。
実は、以前やっていたブログは記事内の行間がそれほど空いていないものでした。
なので、はてなブログに移った際、行間が空いていることに少し違和感があったのです。
今はそれが普通になり、かえって字が詰まっていない分読みやすいのかなと思うように。
ただ、先日、編集画面の編集モードをクリックしたところ「はてな記法」とあり、
これは何?とさらにクリックしたら、なるほどそういうことかと。
それでちょっとやってみることにしました。

お気づきでしょうか。
デザインもあれこれ変えながら試しています。
ただ今、一所に留まれない性分、発動中です(^▽^;)


にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

PVアクセスランキング にほんブログ村