すっとんきょうでゴメンナサイ

風の吹くまま気の向くまま

「すき焼き」の肉は牛派?豚派?


今週のお題「肉」

ということで「すき焼き」にまつわる思い出。


両親は香川県出身。
四国が関西圏かどうかの明確な判定はわかりませんが
実家の食生活は概ね関西風でした。
関東は豚肉、関西は牛肉、とはよく言われることですが
「すき焼き」に限らず、両親にとって肉と言えば牛肉だったようで
当然、「すき焼き」であるならば牛肉一択。
その他の選択があろうなどとは考えることもなく大人になりました。


鉄のすき焼き鍋に牛脂を溶かし牛肉を広げる。
そこに砂糖と醤油と酒。
ジュージュー焼いてイイ感じに焼けたところで
あらかじめ割りほぐしておいた卵に肉をくぐらせ食べるのもいい。
続いて白菜、ネギ、春菊、椎茸などの野菜や糸こんにゃく、焼き豆腐も並べ
同じように砂糖、醤油、酒を振りかける。
しばらくすると野菜の水分が出てきてグツグツ煮えてくる。

兄や私はもちろん肉が一番の目当てだけれど
熱々の白菜やネギをハフハフしながら食べる美味しさはたまらない。
鍋の中身が少なくなると食材を追加し、砂糖や醤油、酒でまた味付けしながら食べる。
それらを取り仕切るのは鍋奉行の父の役割で、母と私たち兄妹はただ食べるだけ。

家族四人、食卓の真ん中で湯気を上げる鍋を囲み
臨場感に心躍らせながら兄と競うようにして食べたものです。
父は「ほれ、食べ」と私たちのお皿に肉をたくさん入れてくれて
でも、「これはワシにくれな」とトロトロになった牛脂を美味しそうに食べていたこと
懐かしく思い出されます。


やがて成人し、夫と結婚を決めた頃
夫の実家に初めて挨拶に行くことになりました。

昼食にお袋が「すき焼き」を用意してくれたらしいと夫に言われ
挨拶と言っても初めてだし軽く顔を合わせられたらいいなぐらいに考えていて
わざわざ「すき焼き」を用意してもらって申し訳ないと思いました。
それに初めて会う夫のお父さんやお母さんと一つの鍋をつつくのもちょっとハードルが高い。

ドキドキしながら訪問し、応接間に通され、夫と二人しばらく待っていたら
お義母さんが大きめのアルミの両手鍋を抱えて部屋に入ってきました。
そしてテーブルの上に鍋をドンと置きながら「ハイ、食べて」と言うと
そのまま部屋を出て行ってしまったのです。

(え?)(⊙ˍ⊙)


一瞬訳がわからずにいると、夫が鍋の中をのぞき「すき焼きみたい」。
「え?」と言いながら自分も鍋の中をのぞきました。


あれ?これは肉じゃが??
いや、ジャガイモは入っていない
代わりに白菜が入っている
ネギも糸こんにゃくも入っている

ということは「すき焼き」

アレ?
でも、これは 豚肉??

ということは、やっぱり肉じゃが?
いや、ジャガイモは入ってない

え?
これが「すき焼き」?

ていうか
鍋で煮込んでる??

え?
「すき焼き」って煮込み料理だったっけ??


声には出しませんでしたが、頭の中を(?)が駆け巡りました。

美味しかったです。
美味しかったですけど、最後まで腑に落ちない感でいっぱいでした。


その後、知るのです。食文化の違いを。

夫の実家は北関東。
関東では「すき焼き」の肉は普通に豚肉もあること。
というより豚肉が普通なのかな。

それから「割り下」で「すき焼き」を作るということ。
「割り下」を他の鍋物や丼物で用いるのは知っていましたが
「すき焼き」でも有りとは思わなかった。無知でした(;^ω^)
義母は「割り下」で作ってくれたのだと思います。
これは関東に限らないのかな?


f:id:komakusa22:20210918185550p:plain

父の「すき焼き」を何度も食べた夫。
我が家で「すき焼き」を食べる際は夫が鍋奉行になり、父のやり方で作ってくれます。
なかなか上手です( ̄︶ ̄)↗ 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
よろしければポチ頂けると嬉しいです(^^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村

すっとんきょうでゴメンナサイ


ブログのタイトルを変えようと思います。


中身はともかく、ブログ歴(だけ)は長いです。
2009年からなのでもう12年。
以前にも書きましたが、始まりはYahooブログ。
途中お休みした期間も含めて10年と少し。
(詳細は申せませんがブログ消滅の憂き目にも遭いました(-_-;))
2019年9月にYahooブログが終了した後、あちこちふらついて
はてなブログに落ち着きました。
落ち着いてからはもうすぐ1年半です。


その間、タイトルはずっと同じでした。
サブタイトル(というほどのものではありません)はその時々で変えましたが。


12年かぁ……
自分にしてはよく続いている

ここらで気まぐれの虫がまた蠢いてきたみたい
12年と言えば干支も一回り
新しいタイトルにして心機一転といこうかしら

と考えました。


……………


「気まぐれ」とか
「突拍子も無い」とか
自分で自分のこと言ってきましたが
一番しっくりするのは「素っ頓狂」な気がします。

ひどく調子はずれで、まぬけなさま。突然に調子外れの言動をするさま。「goo辞書」より

突然、調子のはずれた声を出したり、または奇抜な言動をしたりするさま。また、その人。「コトバンク」より

おそらく周囲の人たちは「うんうん」と同意するでしょう。
特に夫と娘たち。
自分の「素っ頓狂」に度々呆れさせたり迷惑をかけたりしているので(^▽^;)


……………


風の吹くまま気の向くまま
いったい何処へたどり着くのか
その前に何処に向かおうとしているのか
全然わかりません。


まあ、それでも
自分のこれからを
またぽつぽつと書いていこう。


すっとんきょうでゴメンナサイ(;´Д`)


多分、そんなことばかりだと思いますが。


にほんブログ村のカテゴリーも変更しました。新しい場所の皆さま、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
よろしければポチ頂けると嬉しいです(^^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村

シクラメンの植え替え


シクラメンの植え替えをしました。


3年前、母が亡くなったことを知った高校時代の友人たちが贈ってくれたシクラメン
さらりとした付き合いでしたが
思いがけない心遣いが有難かったです。


f:id:komakusa22:20210914151456j:plain

2018.12

長い期間、たくさんの花を咲かせ慰めてくれました。


夏の間はそのまま葉をつけた状態で
直射日光を避け、出来る限り涼しく風通しの良い場所で
土が乾いてきたら水やりとたまに液肥

そんなふうにしていたら
翌シーズンたくさんの花を咲かせてくれました。


f:id:komakusa22:20210914153536j:plain

2020.1

実は、以前シクラメンの夏越えに失敗していたので
(その時は株を休眠させる方法でした)
とても嬉しかったです。


花が終わり、夏の間
やはり同じように世話をしていたら
また翌シーズンには咲いてくれて


f:id:komakusa22:20210914153849j:plain

2021.1

でも、何となく葉が小さくなってきたような気がして
大丈夫かなぁ?と思ってはいました。


今年の夏も同じように葉をつけたままで
水やりとたまの液肥で様子を見ていましたが
いよいよ葉が小さいまま
くるんと丸くなってしまうようになって。
よくよく見たら株がけっこう大きくなっていて
いかにも窮屈そう。
そこでようやく大きな鉢に植え替えが必要かもと思い至るのでした。


f:id:komakusa22:20210914160640j:plain

2021.9

上手く花が咲いてくれたらいいのですが。


ちょっと調べたら
毎年花を咲かせるためには「植え替え」が必要とありました。
3シーズンもの間、おバカな人間に文句も言わず咲き続けてくれたのね。

ありがとう。
そして、ゴメンナサイね(;´Д`)


にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
よろしければポチ頂けると嬉しいです(^^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村

えー!もう秋?


長い雨が上がったら残暑が来るのかと思ったら
我が家の前の公園の木々はほんのり色づき始め


f:id:komakusa22:20210912104435j:plain


地面にはすでに落ち葉


f:id:komakusa22:20210912104520j:plain


えー! もう ?⊙.☉


f:id:komakusa22:20210912104617j:plain


久しぶりの洗濯日和
いつもの洗濯物に加えて
夏用のワンピースとストール2枚、おしゃれ着洗い
今夏、そのワンピースを着たのは先日の観劇の1回だけ
ストールも1枚は一度くらい使ったけど
あとの1枚は一度も使用していない
シーズン中は何となく外に吊るしているので
ホコリも付いているだろうと一応洗ってタンスに仕舞った

もう夏も終わりな気がして


f:id:komakusa22:20210912104708j:plain


今年の夏も遊びに行けなかったなあ
数年前に買って以来、ヘビロテで活躍した黒のパンツも白のブラウスも
今夏はあまり着る機会が無かった
コロナ前に新しく購入し、着て出かけることを楽しみにしていた洋服や靴
昨夏、今夏と、結局、一度も日の目を見ない物もある

何処か旅行、というわけじゃなくても
ふらりと出かけることが、このご時世、憚られて
何しろ不要不急なのでね

どれだけ引きこもっているのかと
我が事ながら驚く


贅沢は出来ない年金生活
それでもオシャレは好き
若い頃からブランド品にはそれほどそそられず
自分好みの洋服や靴やバッグを身につけて楽しんできた
(遠慮のない友人には「かなり個性的」と揶揄されながら(^^;)

そんなささやかな楽しみが
自分にとって大切な栄養であったこと

長いコロナ禍でまた教えられた
(あんまり嬉しくはないけど(*´з`))


近ごろ秋があっという間に過ぎていくと感じるのは自分だけ?

マスク、手指消毒、三密回避の感染対策をしっかりと行いつつ
気持ちの良いこれからの季節を楽しもう
ささやかな楽しみを見つけよう

そんなふうに心は開いておきたい


f:id:komakusa22:20210912105658j:plain


今日から大相撲秋場所始まりますね(*^^)


にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
よろしければポチ頂けると嬉しいです(^^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村

劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい。


劇団四季のミュージカル オペラ座の怪人観てきました。

f:id:komakusa22:20210909162112j:plain


2016年1月、名古屋の四季劇場で観て以来、二度目です。


当時、愛知県に住む両親の生活支援に毎月通っていて
そのついでにと言うか、ふと思い立っての観劇。
正直、今ほどミュージカルについての興味も深くなく
オペラ座の怪人』に関する予備知識もほとんどありませんでした。
ですが、その世界に入った途端
役者の方々の圧倒的な歌唱力に息をするのも忘れるほど持っていかれたのです。

それまでも『ライオンキング』や『リトルマーメイド』など劇団四季の舞台や
その他のミュージカルを観たことはありましたが
これほどまでに激しく身も心も震える体験をしたのは『オペラ座の怪人』が初めてだったかも。


当時、ブログにその感動をしたためました。

出演者の圧倒的な歌唱力に身も心も震えまくりました。
もちろん、そもそも才能に溢れた方々なのでしょう。
しかし、それに甘んじることなく
一体、どれほどの不断の努力をなさってきたことか
我が身に鞭打つ厳しい修練をされてきたことかと
激しい感動の中で思いが駆け巡り
自ずと涙が頬を伝いました。

も一つ、おこがましい事を言わせてもらえば
人間はここまで努力し進化することが出来るのだなぁということに
その立つ場所が全然違うことは分かっていても
励まされる自分なのでした。


歌の素晴らしさ、才能の素晴らしさ
もちろんそのことにも痛く感動するのですが
それを華やかに見せてくれる裏に
役者の方々のどれほどの地道な努力があるのだろうかということに
舞台を観ながら既に心打たれるのでした。


初めての『オペラ座の怪人』で最も魅了されたファントム役の芝清道さん。
彼のパフォーマンスに打ちのめされ
こんな世界があるのかと
そこから自分のミュージカル好きが本当に始まったように思います。

彼を目当てに『ジーザス・クライスト=スーパースター』(ユダ役)や『ノートルダムの鐘』(フロロー役)を観て(それはもう圧巻でした)

ノートルダムの鐘』でカジモド役の海宝直人さんのファンにもなり

海宝さん目当てにいろいろ観ていく中で
レ・ミゼラブル』のエポニーヌ役の昆夏美さんのファンになり
『アリージャンス~忠誠~』で今さらのように濱田めぐみさんのファンになり………

他にも様々な舞台、たくさんの素敵な役者さん、観ました。


二度目の『オペラ座の怪人』もやっぱり素晴らしかった。
皆さん、歌唱力が凄まじい。
その中でも今回特に心に強く残ったのはヒロイン、クリスティーヌ役の山本紗衣さん。
驚愕しました。
どうしたらあんなことになるんだろうと。おかしな言い方ですが(^▽^;)


感動を得られる場所があること
感動を与えてくれる人に会えること

コロナ禍の今、改めて
すごく有難いことなんだなと
その思いを強くしたことでした。


……………


緊急事態宣言発令後、『オペラ座の怪人』東京公演では
観客数が定員の50%以上に達している公演は新規チケットの販売は中止
50%に達していない公演は50%まで販売となりました。
その影響でしょう。
劇場内は比較的ゆったりとして密になる場面も少なかったと思います。
座席も空席が多く、確かに観客数を制限したのが伺えました。
ただ、良い席はやはりびっしり埋まっており
願わくば一席ごとに空けて座れるといいなと。
チケットを販売し始めるのは公演の何ヶ月も前だったりするので
席をどのように販売するかは判断が難しいところでしょうが。


劇場内の感染対策、スタッフの注意喚起のアナウンスなどとてもしっかりされていたと思います。
また、観客の皆さんもきちんとルールを守られていた。
(そうでない人もちらほらいましたが。主に中高年の女性なのがなんとも残念!(~_~;))
ある劇場ではうるさいくらいのお喋りが行き交い、信じられない思いだったので
劇団四季」、さすがと思いました。
劇団四季」のファンの方々の真面目さも伝わりました。


劇団サイドも観客サイドも
そうしてルールを守ることで愛するミュージカルを守ることが出来る。
そういうことですものね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
よろしければポチ頂けると嬉しいです(^^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村