すっとんきょうでゴメンナサイ

風の吹くまま気の向くまま

うた

コンサートで最前列の席に座ったことがある?

テレビを観ていたら 「コンサートで最前列の席に座ったことがある?」 と視聴者に問いかけていて47%が「ある」の結果に、スタジオの芸能人が「えー⁉こんなにあるの?」と驚いていたけど私も ある! 高校に入学してすぐの新入生歓迎大会で 3年生の先輩方が歌…

出来るだけ嘘は無いように、どんな時も優しくあれるように~「水平線」back number

出来るだけ噓は無いように どんな時も優しくあれるように 穏やかに始まるその言葉と旋律に 思わずハッとし 心が温められるのを感じましたそれが、私がこの歌を知った最初です 「水平線」back number の楽曲です …………… 新型コロナ感染拡大で中止となった2020…

若い女性が歌うみゆきさんの「ファイト!」と清志郎の「JUMP」

先日の、素人さん参加による歌唱力日本一を競う歌番組『歌唱王』は近年稀にみるハイレベルな戦いだった。どの参加者もとても素人とは思えない歌声。(もしかしてセミプロで活動している?) それぞれの個性も際立って、最初から最後まで素晴らしかった。 そ…

クリスマスソング&クリスマスムービー

この時期になると街中などでふと聴こえてくる歌に「クリスマスキャロルの頃には」があります。先日も、とあるショッピングモールで流れて ああ、もう、そういう時期なのねと 自分の中でクリスマスモードに拍車がかかりました。 1992年リリースの稲垣潤一さん…

ヤワなハートがしびれる、ここちよい針のシゲキ~「愛のしるし」

時々見るウェブサイトがある。 自分と同世代の女性たちが主なメンバーで 語られるテーマは自分にとっても身近なものが多い。 例えば、加齢に伴う様々な問題や介護に関連すること、中高年のオシャレについてなど。メンバーがそれぞれ個性的で素晴らしい文章を…

失敗は悪かことじゃなか~『舞いあがれ!』

今月から始まったNHK朝ドラ『舞いあがれ!』 例によって、字幕を表示させながら観ているのですが 昨日、何気なく聴いていた主題歌の歌い出し。 その歌詞を目で追いながら ああ、いいなぁと感動してしまいました。 公園の落ち葉が舞って 飛び方を教えてくれて…

「ユーミン万歳!~松任谷由実50周年記念ベストアルバム」を買って、コンサートに行くぞ!!

ユーミンこと、松任谷由実さんの新アルバム(3枚組)、買いました。 その名も 「ユーミン万歳!~松任谷由実50周年記念ベストアルバム~」さすがユーミン、何ともゴージャスなアルバムジャケットです。 10年前の40周年にも「日本の恋と、ユーミンと。」とい…

友を見送って~君に届けこの想い「三日月」

今日、高校時代からの友だち(部活の鬼キャプテン)を見送って来た やっぱり大泣きで、いい歳してグジュグジュになっていたら いつもは温厚でフォロー役にまわる副キャプテンに 「ほらほら、○○(鬼キャプテン)に叱られるよ」と早速窘められた 亡くなった鬼…

「心の旅」~ポケットにつめこんで

先日、テレビにチューリップの財津和夫さんが出演されていました。 デビュー50周年記念のツアー、でありつつ チューリップとしては最後の全国ツアーの ライブの模様や、その裏側に密着。そして財津さんへのインタビュー。意外と思えるほどのネガティブな感情…

原田美枝子さん/「愛のカタチ」~愛子(まなご)の名を忘れ、我が名を忘れ

夕方の情報番組に原田美枝子さんが出演されていた。最新作の主演映画『百花』(2022年9月9日公開)では 認知症を発症した女性を演じられたそうだ。 インタビューの中で 認知症だったお母さまを介護されていたことも話されていた。 ある日会いに行くと、いろ…

「戦争を知らない子供たち」~声なき声に耳を澄ませて

中学2年の林間学校で、キャンプファイヤーを囲んで歌ったのが その歌を知った最初でした。仲の良い友達は既に知っているようで それに合わせて歌い出すと シンプルで馴染みやすいメロディはあっという間に歌えるように。 「戦争を知らない子供たち」 模造紙…

再び、ユーミンと。恋の哲学

昨日、車で出かけた際のBGMはユーミンだった。 ずい分前に出たCDアルバム3枚組。 デビューからそれまでの楽曲の中から46曲を収録したもので 当時、早速レンタル(^^;してカーオーディオに入れた私は 出かける度に延々と聴き続けたものだ。そうでなくても、娘…

カッコイイ彼らにズキュン!~竜童さんに永ちゃんに男闘呼組

少し前、「時代遅れのRock’n’Roll Band」の記事を書いた。komakusa22.hatenablog.com 共に67歳になる同級生の5人。 桑田さんや世良さん、五郎ちゃんの歌は今も耳にすることは多いが 自分的に久しぶりに聴いた佐野元春さんやCharの変わらぬ歌声に驚きつつ、改…

桑田さんと元春さんと世良さんとCharと五郎ちゃん~「時代遅れのRock’n’Roll Band」

少し前、NHKの『クローズアップ現代』で観て 思わず「おーーー!(⊙o⊙)」と声が出た。このメンツ、凄すぎやん 私ら世代(60歳代)にはたまらないメンバー。 こんなことってある⁈ってワクワクした。 「時代遅れのRock’n’Roll Band」 桑田佳祐 feat. 佐野元…

明菜ちゃんのライブ、そして聖子ちゃん

中森明菜さんのライブ映像を観た。 1989年4月、デビュー8周年を記念した野外ライブ。 風の中、髪が乱れ、衣装のスカートがめくり上がりそうになりながらも 本当にライブの音源?と思ってしまうほどの安定した歌声。寸分の狂いも無い。 当時から歌唱力バツグ…

『カムカムエヴリバディ』残り一週間~「アルデバラン」♪

NHK朝ドラ『カムカムエヴリバディ』も、残すところあと一週間。約半年間、一言一句聞き漏らすまいと字幕まで表示し観てきました。アニーが安子なのか?という疑問で、最終週が待ち遠しくてたまりません。安子とるいとひなた。いったいどのようなラストシーン…

『カムカムエヴリバディ』お父ちゃんはジョン・レノン?そして、あみんの「待つわ」

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』毎朝楽しく観ています。 加齢と共に、耳の感度が衰えてきた私たち夫婦。 最近は台詞を聞き漏らしたくなくて 字幕を表示しながら観ているのですが これがなかなか良くてですね。 俳優さんの早口が聴き取れなかったり朝食を食べ…

荒波に架かる橋のように~「明日に架ける橋」

今朝、テレビからふと聴こえてきたのは「明日に架ける橋」ご存じ、サイモン&ガーファンクルの名曲である。体を突き抜ける懐かしさと、今もなお心震わされる旋律に テレビの前で固まってしまった。 それはNHKBSプレミアムの番組。 2006年に放送されたものの…

野に育つ花ならば~「大空と大地の中で」松山千春

昨夜、NHKBSで『伝説のコンサート“松山千春”リマスター版』を観た。今年の3月に放送されたものの再放送らしい。 1998年横浜アリーナと1999年恵比寿ガーデンホールでのコンサートで構成されている。 今から20年以上前の、つまり40代前半の彼は 御髪は既に今の…

「What a Wonderful World」この素晴らしき世界♪

前記事に引き続きの、朝ドラ『カムカムエヴリバディ』。ヒロイン安子は夫の稔亡き後、娘るいと引き離されそうになり婚家を出ます。 大阪へ向かう汽車の窓に朝陽が当たる中、稔との思い出の歌を口ずさむ安子。 ルイ・アームストロング 「On the Sunny Side of…

「秋の歌」二つ

今週のお題「秋の歌」「自分にとって秋の歌は?」と考えた時 忘れっぽくなっているせいもありすぐには浮かばなくて 歳だなあと我ながらちょっとガッカリうーーん( ̄、 ̄)と考えて そうそう!と出てきた答え 「秋の気配」1977年8月にリリースされたオフコース…

「好きなスピッツの曲10選」と「カラオケで歌う中島みゆきさんの曲11選」

昨夜、とあるテレビ番組で目にした 「プロが選ぶスピッツ最強ベスト10曲」 1位、ロビンソン(1995) 2位、チェリー(1996) 3位、楓(1998) 4位、君が思い出になる前に(1993) 5位、渚(1996) 6位、空も飛べるはず(1994) 7位、春の歌(2005) 8位、青い…

もしも私が~♪50年前にタイムスリップ

もしもぉ~~わたしがぁ~~ いえ~を~たてたな~ら~♪懐かしい歌が聴こえて、ふとテレビに目をやると え?宮崎美子さん??(⊙o⊙)思わず二度見、その後しばらく目が離せませんでした。 マクドナルドの新しいCM。其処は50年前のマクドナルド銀座1号店。 …

自分らしさの檻の中で~「名もなき詩」Mr.Children

カラオケ番組で、中学生の男の子が歌うMr.Childrenの「名もなき詩」を聴いた 声変わりの最中らしく、ちょっとハスキーな声で時に苦し気にシャウト 若者の苦悩を思わせる歌詞とリンクして、とても良かったミスチルの曲の中では「Tomorrow never knows」が好き…

強い人じゃなくて 強がりが上手な人~「ever since 」高橋優さん

以前、母のことを書いた記事の中でテレビドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』について触れたことがあります。 毎週金曜日深夜(日付は土曜日)、録画して観ています。 主題歌がいい。 高橋優さんの「ever since 」 作詞作曲:高橋優 優しい曲調にのせた歌…

焼きもち焼きの男「ジェラス・ガイ」

先日のNHK『The Covers』は「斉藤和義ナイト!洋楽ヒット曲の日本語カバー」 その中で、斉藤和義さん自ら手掛けた日本語詞でカバーしたジョン・レノンの「ジェラス・ガイ」が良かった。 「ジェラス・ガイ」(Jealous Guy) 実は、初めて聴きました。 1971年…

『筒美京平の世界inコンサート』美代ちゃんの「赤い風船」に落涙

先週末、久しぶりのコンサートに。 2年前の夏の拓郎ライブ以来です。(昨年は多くのコンサートが中止になりました) ~筒美京平オフィシャル・トリビュート・プロジェクト~ ザ・ヒット・ソング・メーカー 筒美京平の世界 in コンサート (タイトル長いです(…

「時代おくれ」河島英五さん

先日、河島英五さんの名曲「時代おくれ」を耳にしました。 1986年8月リリース。 彼の歌では「酒と泪と男と女」や「野風増~お前が20才になったら」などが好きで、「酒と泪と男と女」はカラオケのレパートリーでもあります。 わすれてしまいたいことやァ~ …

「悲しい気持ち」をイェイイェイ歌う♪

最近のユニクロのCM。 綾瀬はるかちゃんが歩くバックで流れる桑田佳祐さんの歌声。 なんとまあ贅沢な。さすがユニクロ。 CM女王と桑田さんのコラボだなんて、やりたい放題だなぁと夫と苦笑い。 (つまり、ギャラがどんだけなんだ⁈という意味で(^▽^;)) 第1弾…

そばかすお嬢さん、ぼくと帰ろう~「赤いハイヒール」

いつもお邪魔している同世代の方のブログで、 太田裕美さんの「赤いハイヒール」について書かれていた。 途端に懐かしく、早速YouTubeで聴く。 ねえ友達なら聞いて下さるねえ友達なら聞いて下さる淋しがりやの うちあけ話 彼女の愛らしく透き通った声で始ま…