こまくさ便り~Your Smile

娘、妻、嫁、母、ばあば、そして「私」の日々を綴ります

家族

義母、認知症検査受ける

87歳の義母は今、介護施設でお世話になっている。 義父が亡くなった後、10年近く一人で暮らしていたが、ある日家の中で転倒。 胸を強く打ち、肋骨骨折で入院。その後リハビリの為転院した病院で背骨を圧迫骨折。 このままでは歩けなくなると言われ手術した義…

顔のシワを取りたいと言った母

昨夜遅く、というかもう今日になっていたが、夜更かしをしながら何気なく観たテレビドラマ。 その中で、77歳になった父親が「顔のシミを取りたい」と言う場面があり、あっ!と思い出したことがあった。 86歳で亡くなった母が70代の中頃だったか、「顔のシワ…

次女は「ガラスのハート」母のハートには毛が生えてる?

我が家は三人娘。それぞれ自立し家を出て、長女と三女は同居。次女は結婚している。 その次女、三人の中でも飛びぬけて行動的でパワフルだが、内面は超神経質で繊細。 長女や三女に言わせると「ガラスのハート」 繊細ゆえに傷つきやすく壊れやすい。 しかし…

長女、手術。蘇る愛おしい思い出

長女が手術しました。 命には関わらない、ちょっとした手術なのですが、それでも手術は手術。 医師は初め、このコロナ禍、特に家族に来てもらわなくてもと言ったそうですが、看護師に家族に来てもらった方がいいと進言され、ではそのようにと。 何度も言いま…

ヨガ教室再開と孫の成長

緊急事態宣言解除に伴い、市の体育館で行われているヨガ教室が再開されました。 2ヶ月ぶりのヨガ。 先生の声を聞きながら心を落ち着かせるべく目を閉じ始まりを待ちながらも、無性にワクワクしました。 久しぶりに体を動かしてみると、やっぱり硬くなってい…

ぼた餅作り、嫁姑問題に発展⁈

昨日はいつになく近所を走る車が多く、狭い道のあちらこちらで詰まっていた。 そんな渋滞に巻き込まれいったいどうしたんだろう?と頭を傾げる。 お寺に向かう路地に何台もの車が入り、ああ、今日はお彼岸のお中日だと気づく。 近くにお寺や大きな霊園があり…

義母と「紙パンツ」のこと

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、介護施設に入所している義母に直接面会出来なくなって1年以上が経過しています。 その間、リモートや施設の玄関ドア越しの、いわば間接で面会をしてきました。 ですが、そもそも愛想のない義母のボソボソと小さな声は聴き…

捜索は徹底的に!

それは数日前のこと。 膝の半月板損傷以来、好きなゴルフを我慢していた夫。 約3ヶ月ぶりに打ちっ放し練習に行くと言って、朝食後いそいそと準備をしていた。 ところが、けっこうな時間が経っているのにまだ出かける気配がない。 家事の合間に夫の部屋を覗…

母の「相槌」

10年近く前のことですが、とある紙面に一冊の本の紹介文が掲載されていました。 その内容に心惹かれるものがあり、ノートに書き写しました。 「家族の歌 河野裕子の死を見つめた344日」 歌人であり京大名誉教授である永田和宏氏が、同じ歌人の亡くなった奥さ…

義母と俳句と、“嵐”

『プレバト‼』というテレビのバラエティ番組を毎週楽しみに観ています。 俳句、水彩画、色鉛筆画、消しゴムはんこ、和紙ちぎり絵、生け花などなど、様々なジャンルで芸能人の方々が才能を競うという内容です。 視聴率も良いようで、ご存じの方も多いのではと…

字幕表示を活用

いつもお邪魔しているブログでテレビの字幕表示について書かれていた。 テレビで映画を観ていたところセリフが聴き取りにくく、字幕表示にしたら明確にセリフを把握できた、というお話。 そのすぐ後、BSで高倉健さん主演の『鉄道員(ぽっぽや)』を観た。 す…

孫、襲来!「お年玉」怖い⁇

今年のお正月は例年3日に行う家族新年会を取りやめた、と前記事に書きましたが 実は元日早々、同じ市内に住む次女と孫たちの襲来に見舞われたのでした。 実業団駅伝を観ながらまったりしていた最中、突如鳴り響く次女からのLINE電話。 「これはもしや?」夫…

「守ってあげたい」~ずっと大好きだよ

You don't have to worry, worry,守ってあげたいあなたを苦しめる全てのことから テレビから聴こえてきたユーミンの歌 遠い夏 息をころしトンボを採ったもう一度 あんな気持ちで夢をつかまえてねSo, you don't have to worry, worry,守ってあげたいあなたを…

ミーアキャットの兄弟です

先日、我が家で少し早いクリスマス・パーティーをしました。 次女と孫二人、そしてじいじとばあば。 もうすぐ4歳と10月に2歳になったばかりの男の子たちです。 来る早々、我が家で集めた小銭の缶を所望して、「お金で遊びたいの」と言う。 そう言えば前回遊…

猫の不機嫌

『岩合光昭の世界ネコ歩き』が好きでよく観ています。 子どもの頃に猫を飼っていたこともあり、もともと猫好きではありましたが、 猫を知り尽くした岩合さんのナレーションが猫の気持ちを代弁してくれるようで、 改めて猫の習性や気質を知ることが出来、とて…

夫、膝カックンされる⁉

数日前、自宅のある集合住宅の外階段をいつも通りに降りようとした夫。 左脚を最初の段におろした瞬間、後ろから膝カックンされたような衝撃を受け、あまりの痛さにそのまま固まったそうです。 それでも少しすると何とか動けたので、そのまま車で出かけて。…

私の「献身プレイ」

献身プレイ?? 何のこと?と思われたら、前記事をご覧いただけると有難いです。ご覧いただかなくても大丈夫…です(^^; komakusa22.hatenablog.com 朝、台所で片付けをしながら、そろそろ義母の部屋に行きポータブルトイレの始末をしなければと考えていた。 …

お兄ちゃんも辛いねぇ

NHK朝ドラ『エール』もいよいよ最終週となった。 主人公の古山裕一・音夫妻の一人娘、華も結婚し母となっている。 看護師として働きながら幼い男の子を育てているらしく、 今日は急な仕事で遅くなりそうだからと両親に息子を預けに来ていた。 申し訳なさそう…

雨女と晴れ男

雨女、雨男と称される方々の協会があるんですね。面白い!( ̄▽ ̄) その名も「日本雨女雨男協会」 公式HPによると 2009年より活動を開始した当団体も、来年でいよいよ10周年。 どうしても(いろんな)反響が途絶えず、皆様のおかげでここまで来れました。 私…

ボクは気に入らないぞ!

先日の下の孫の誕生日会。 孫たちの可愛さを堪能し、じいじとばあばは本当に楽しく過ごしました。 そりゃ少しは疲れたけど(^▽^;) じいじのスマホで孫単独の写真は撮っていたのですが、 後ほど娘が、孫二人とじいじ&ばあばが一緒に写っているものを数枚送っ…

孫の誕生日会に

昨日は下の孫の2歳の誕生日会でした。 じいじとばあばに娘家族のごくごく内輪のパーティー。 アイスクリームケーキとお寿司をご馳走になり、こちらからは唐揚げをたっぷり持参。 唐揚げはお仕事と家事、育児に頑張ってくれているパパの大好物でもあるのです…

娘の引越しを手伝って

朝からボーっとしています。 ボーっとするのはいつものことですが、今朝は特に…。 そして疲れている。 夫は早朝、実家に向かいました。 なので、本来なら「さてさて、何をしようか(´▽`*)」と心浮き立つところなのに、 多分今日は一日中うだうだ、だなぁ…。 …

ばあばの役割

朝起きたら腰が重い。 ずっと前から体は重くなっているけど、特に今朝は腰が重い。 しかも、二の腕辺りも妙に張っている。 バドミントンをやっていた頃の、常にパンと張っているあの感じ? 理由はわかっているのです。 昨日、孫たちと散々遊んだせい。 朝、…

父の最後のサヨウナラ

テレビの昼のロードショーで『日々是好日』を観ました。 以前、原作の本について記事にしたことがあります。 komakusa22.hatenablog.com 映画を観るのは初めて。 「お茶」の一つ一つの所作や背景を彩る季節の移ろい。 原作の味わいを損なわない美しい映像に…

褒めること、褒められること

朝のニュース番組。何気なく観ていると“家族間でこそ褒め合いましょう”と話す人がいた。 褒め方として次の3点を挙げていて ①3つのS「すごい」「さすが」「すばらしい」を聞こえるように言う ②部屋に“褒めボード”を置き、家族を褒める言葉を紙などに書き、貼…

兄の気の毒な一日

先週、両親と祖母の法要に参列するため、名古屋まで出かけた。 名古屋は父の転勤に伴い10年間暮らした場所。 私は2歳から12歳までの子ども時代を過ごし、 思い出の中には古き良き昭和の原風景や原体験が詰まっている。 名古屋市内を車で移動中、「今池」とい…

「ホクロ占い」私の場合

昨日、祖母の納骨と母の三回忌と父の百箇日を済ませてきた。 あれもこれもとてんこ盛りだが、メイン(ていう言い方はナンだけど)は母の三回忌。 父の入院と新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、 5月中旬の予定だった法要が延期になっていたのを今回改…

晩年の母のこと

豚肉入りのいかにもありふれた野菜炒めを作りながら、 晩年の母は簡単な炒め物も出来なくなっていたこと、思い出した。 故郷の島を離れ、兄の近くに暮らすようになった両親を手伝う為に、 月に一度、一週間ほど出かけて行った。 毎回、待ちかねていたように…

夫との会話

夫と全然喋らないという同世代の友人がいるが それに比べれば、多分ウチの夫婦は会話は多い方かと思う。 ていうか、ウチの家族はそもそも皆喋りたがりで 三人娘が家に居て家族5人でひしめき合っていた頃は 狭い家の中を会話が飛び交っていた。 その名残りな…

父の新盆と照ノ富士関の復活優勝

5月末に亡くなった父の新盆法要が来週行われる予定です。 が、場所は遠い他県。 全国的に新型コロナウイルス第二波が猛威を振るっている現状では 電車で幾つかの県をまたいでの移動は如何にもリスクがあると思われ 出席を諦めることにしました。 「なんや、…