こまくさ便り~Your Smile

娘、妻、嫁、母、ばあば、そして「私」の日々を綴ります

想い出

オリンピックの記憶、あれこれ

お題「記憶に残っている、あの日」 この歳になれば次々と浮かんで、どれにしようかと迷うところ。 せっかくだからより強く残っているものは?と考えるけど、 どれもそれぞれに自分の人生に影響を与えている気がして、 いや、それほどでもないような気もする…

「宝くじ」当たるも良し当たらぬも良し

いつもお邪魔しているブログで「宝くじ」について書かれているのを拝読しました。 それで思い出したのですが…。時はバブル景気の頃。1980年代後半でしょうか。 夫の会社も少なからずバブルの恩恵を受けたようで、ある時のボーナス。 「ええっ!!(≧∇≦)」と思…

『アリスのティーパーティー』で目を回す

昨夜、テレビのクイズ番組でディズニーが取り上げられていました。 東京ディズニーランドと東京ディズニーシー内のアトラクションやキャラクターや食べ物やグッズなどが問題。 1983年の東京ディズニーランド開園当時から友人や結婚前の夫と度々訪れ、結婚し…

タンちゃん、ぞうさん歌う

子どもの頃、親が転勤族だった為、引越しを繰り返してきました。 2才から8才までの間、住んでいたのは父の勤め先の社宅。 木造平屋の二軒続きの家で、四角い家の一面がお隣とくっついていました。 物音も話し声さえもけっこうダイレクトに伝わり、今ならいろ…

お弁当は母の味

ずい分前、俳優の遠藤憲一さんが「学生時代、弁当に納豆が入っていたことがあって驚いた」とテレビでおっしゃっていて、私も驚いたことがある。 慌てて隠したけど友だちに見つかって「納豆だぁ⁉」とからかわれたが、「そうだ、納豆だ」と開き直って食べたそ…

雛祭りの日の記憶

今週のお題「雛祭り」 今年の雛祭り、おそらく20年以上ぶりにお雛様を飾りました。 実家の両親が初節句に長女に贈ってくれたものです。 緊急事態宣言が出されている状況で、万が一自分によって親に感染が及ぶことを心配してか、同じ市内に住みながら今年はま…

表参道、原宿ペニーレイン

同世代の方のブログで、お若い頃の原宿の様子、そして今日は拓郎の「ペニーレインでバーボン」について触れられていて。 表参道、原宿ペニーレイン。なんと懐かしい響きでしょう…。 大学生の頃、友だちとよく原宿へ行きました。もうずい分と前のことです。 …

懐かしき数寄屋橋交差点

昔の銀座数寄屋橋交差点の光景を糸井重里さんが書かれていた。 ここでの「昔」は半世紀近く前のことだろうか。 銀座の数寄屋橋交差点。いまだったら宝くじチャンスセンターがあるあたりに、昔はよく「愛国党」の街宣車が停まっていて、車上では日の丸の旗を…

オーバーオールやないかい!

昨日の朝のこと。 それはたまたまだったのですが、漫才コンビ、ミルクボーイの漫才をテレビで観ました。 ネタは「オーバーオール」。 例によってあのパターンで「オーバーオールである」根拠と「オーバーオールでない」根拠が繰り返され、やっぱり面白かっ…

「制服」by松田聖子ちゃん~ただのクラスメイトだった

昨夜の吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD 冒頭から拓郎氏、語る語る 「夫婦は話をしなきゃダメだよ」 「男と女に上も下もない」 「上になったり下になったりしてやっていけばいいんだよ」 最近のフェミニストぶりが何やら感慨深い 幾度かの恋と結婚、そし…

スダチをたくさん貰ったのでジュースとお酒にしてみた

夫の知人で、定年後徳島県の実家に戻り農業をしている方から、スダチをたくさん送って頂いた。 収穫したものをすぐ箱詰めして送って頂いたのだろう。 実がキュッと固く、緑が若々しい。 鼻に寄せてもほとんど香りは無く、人間で言えば中学2、3年生くらいの印…

忘れじの我が家

先日記事にしたジブリ映画『コクリコ坂から』がテレビ放映された。次は『借りぐらしのアリエッティ』だそう。こちらも映画館で観て、主人公の小さな少女の健気さに目頭を熱くしたものだ。 自慢じゃないが(って自慢入ってるけど)、ジブリ映画はほとんど観…

ホラー映画と金縛り

【今週のお題】「怖い話」で書こうと思ったら、既に「暑すぎる」に更新されていて 確かにこの所「暑すぎる」が「怖い話」を書こうと思う。(←言い回しがメンドクサイ) 映画鑑賞が趣味で、話題の新作をシネコンの大スクリーンで観るのはもちろん 口コミで評…

小学1年生のちょっと切ない思い出

漫才コンビ「ナイツ」のお二人(塙宣之さん、土屋伸之さん)のファミリーヒストリー(NHK)を観た。 塙さんが幼稚園児(保育園だったかな?)の頃、園でおもらしをしてしまい 小学生になってもその事でいじめられていた。 ただ、将来のお笑い芸人“塙少年”は、…

フィルムに写っているものは

今はデジタルカメラが主流ですが 少し前…、いえ10年前…、いや20年ほど前?(年寄りのアルアル→年月の経過具合があやふやになる) その頃はまだフィルムカメラが普通に使われていましたよね。 24枚撮りとか36枚撮りとかのフィルムを撮り終わると写真屋さんで…

チャーリー・ブラウンのような人でした

よくお邪魔するブログで、さだまさしさんの「もうひとつの雨やどり」を聴きました。 続いて聴いた「雨やどり」。 スヌーピーのハンカチ、口紅。そんなワードに忘れていた記憶が蘇りました。 高校時代、私の周りではPEANUTSのキャラクターグッズが大流行りで…

小豆島の風景

ふと思いついて、両親の故郷であり、私にとっても思い出深い小豆島の風景を動画にまとめてみました。 2007年くらいからの画像データがパソコンに入っていて、そこから思いつくままに並べています。 BGMはいつもの様にスピッツで、タイトルは「P」 実は、この…

高校野球の中止と大学野球の思い出

夏の全国高校野球選手権大会が中止となりましたね… インターハイや各種スポーツ、文化の全国大会も中止。 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ為には致し方ないのかという思いもありますが、 若い人たちの夢がこれほどまで次から次へと打ち砕かれることに心が…

教室で「どうしてこんなに悲しいんだろう」を弾いたこと

前略 昨日の記事にいただいたコメントに、拓郎の「夏休み」をと書いて下さっていて、 そうだったそうだったと早速キーボードで弾いてみました。 「夏休み」はコード進行が実に素直で馴染みやすく覚えやすく、 リズムも単純と言っては語弊がありますが、いた…

私の“三丁目の夕日”

前記事の最後に触れた “三丁目の夕日”シリーズ第3作目『ALWAYS三丁目の夕日’64』。 自分にとっての“三丁目の夕日”はこの時代と言えるでしょう。 スクリーンの中にいる子どもたちはあの時の自分たち。 1964年、つまり昭和39年。私は6歳、兄は10歳の小学4年生…

麻丘めぐみさん

カラオケ番組に懐かしい人が出演されていた。 麻丘めぐみさん。 ご本人熱唱による「わたしの彼は左きき」も懐かしかった。 当時の映像が流れたが、記憶の中のめぐみさんよりも2割増しくらいで可愛く思う。 もちろん当時も可愛いと思っていたけど、どうしてだ…

山形蔵王で吠える

今年は今のところ暖冬で雪が少ないらしく雪がまばらで青い草が覗くスキー場がニュースで映されていた。その中に山形蔵王スキー場もあり、あんなに雪深い山も、と驚いた。若い頃、シーズンになると友だちと毎週のようにスキーに出かけた。大きなリュックを背…

サラリーマンになる

先日、 劇作家、脚本家、演出家、俳優、映画監督であられる三谷幸喜さんが 今の仕事をするようになったルーツを尋ねられて 小学生の頃から脚本を書いて友だちと劇作りをしていたとか もっと幼い頃、家族と一緒に8ミリカメラを自ら回しながら動画を作っていた…

「この広い野原いっぱい」

朝ドラ 『半分、青い。』 怒涛の展開に目が離せない。 ヒロイン鈴愛は離婚。 シングルマザーとなり梟町の実家に戻って来る。 幼なじみ、律との再会。 鈴愛と律の第二章は如何に・・。 そんな中の、とあるシーン。 律の母親、和子さんがピアノを弾きながら歌…

赤とんぼの歌を歌った空は

昨日の朝ドラ『半分、青い。』。 ヒロイン鈴愛の就職祝いの会で「あの素晴らしい愛をもう一度」を歌うシーンがありました。 お祖父ちゃん役の中村雅俊さんがギターを弾き、皆で声を合わせ。 途中から鈴愛や鈴愛のお父ちゃんお母ちゃんも涙ぐんだりするものだ…

名古屋の想い出

先週、群馬に住む義母の介護を終えた翌日 瀬戸内の島から愛知の兄の元に転居した実両親の様子伺いに出発。 昨日、埼玉に帰って来ました。 先月中旬に引越してちょうど一ヶ月。 慣れない住まいでの炊事、洗濯、掃除を何とかこなし 日々の買い物やちょっとした…

給食の想い出

新聞の生活面 「記憶の食・給食編」に寄せられた読者の投稿の中に 脱脂粉乳や鯨の竜田揚げなどのワードがあり 小学生だった当時のことが懐かしく思い起こされました。 脱脂粉乳の思い出を書かれていたのは60歳代の方、お二人。 ちなみに私は50代ですが、小学…

街で遭遇!

今年の流行語大賞の一つ「じぇじぇじぇ」と共に、一躍お茶の間の人気者となった能年玲奈ちゃん。 その驚くばかりの透明感について、実際に彼女と会った人が語っておられるのを何度か聞きました。 “透明感”わかる気がします。 そして、思い出すのですが。 小…

達者でナ

昨夜のカラオケ番組で、三橋美智也さんの「古城」を歌う人がいた。 懐かしぃ~~ ずい分と昔の歌のはずだけど、三橋さんの代表曲でもあるから 彼が歌うのをリアルタイムで何度か聴いた覚えがある。 確か民謡歌手出身でいらっしゃって 抜群の安定感と伸びやか…

買い物かごぶら下げて

先月、福島の大内宿を訪ねた際、のぞいた店先でこれを見つけ、ふと懐かしい気持ちになって即買してしまいました。昔、私が子どもだったころ(ですから、昭和30~40年代)主婦と呼ばれる人たちはこういった買い物かごをぶら下げて、日常の買い物をしてい…