すっとんきょうでゴメンナサイ

風の吹くまま気の向くまま

想い出

高校野球の中止と大学野球の思い出

夏の全国高校野球選手権大会が中止となりましたね… インターハイや各種スポーツ、文化の全国大会も中止。 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ為には致し方ないのかという思いもありますが、 若い人たちの夢がこれほどまで次から次へと打ち砕かれることに心が…

教室で「どうしてこんなに悲しいんだろう」を弾いたこと

前略 昨日の記事にいただいたコメントに、拓郎の「夏休み」をと書いて下さっていて、 そうだったそうだったと早速キーボードで弾いてみました。 「夏休み」はコード進行が実に素直で馴染みやすく覚えやすく、 リズムも単純と言っては語弊がありますが、いた…

私の“三丁目の夕日”

前記事の最後に触れた “三丁目の夕日”シリーズ第3作目『ALWAYS三丁目の夕日’64』。 自分にとっての“三丁目の夕日”はこの時代と言えるでしょう。 スクリーンの中にいる子どもたちはあの時の自分たち。 1964年、つまり昭和39年。私は6歳、兄は10歳の小学4年生…

麻丘めぐみさん

カラオケ番組に懐かしい人が出演されていた。 麻丘めぐみさん。 ご本人熱唱による「わたしの彼は左きき」も懐かしかった。 当時の映像が流れたが、記憶の中のめぐみさんよりも2割増しくらいで可愛く思う。 もちろん当時も可愛いと思っていたけど、どうしてだ…

山形蔵王で吠える

今年は今のところ暖冬で雪が少ないらしく雪がまばらで青い草が覗くスキー場がニュースで映されていた。その中に山形蔵王スキー場もあり、あんなに雪深い山も、と驚いた。若い頃、シーズンになると友だちと毎週のようにスキーに出かけた。大きなリュックを背…

サラリーマンになる

先日、 劇作家、脚本家、演出家、俳優、映画監督であられる三谷幸喜さんが 今の仕事をするようになったルーツを尋ねられて 小学生の頃から脚本を書いて友だちと劇作りをしていたとか もっと幼い頃、家族と一緒に8ミリカメラを自ら回しながら動画を作っていた…

「この広い野原いっぱい」

朝ドラ 『半分、青い。』 怒涛の展開に目が離せない。 ヒロイン鈴愛は離婚。 シングルマザーとなり梟町の実家に戻って来る。 幼なじみ、律との再会。 鈴愛と律の第二章は如何に・・。 そんな中の、とあるシーン。 律の母親、和子さんがピアノを弾きながら歌…

赤とんぼの歌を歌った空は

昨日の朝ドラ『半分、青い。』。 ヒロイン鈴愛の就職祝いの会で「あの素晴らしい愛をもう一度」を歌うシーンがありました。 お祖父ちゃん役の中村雅俊さんがギターを弾き、皆で声を合わせ。 途中から鈴愛や鈴愛のお父ちゃんお母ちゃんも涙ぐんだりするものだ…

名古屋の想い出

先週、群馬に住む義母の介護を終えた翌日 瀬戸内の島から愛知の兄の元に転居した実両親の様子伺いに出発。 昨日、埼玉に帰って来ました。 先月中旬に引越してちょうど一ヶ月。 慣れない住まいでの炊事、洗濯、掃除を何とかこなし 日々の買い物やちょっとした…

給食の想い出

新聞の生活面 「記憶の食・給食編」に寄せられた読者の投稿の中に 脱脂粉乳や鯨の竜田揚げなどのワードがあり 小学生だった当時のことが懐かしく思い起こされました。 脱脂粉乳の思い出を書かれていたのは60歳代の方、お二人。 ちなみに私は50代ですが、小学…

街で遭遇!

今年の流行語大賞の一つ「じぇじぇじぇ」と共に、一躍お茶の間の人気者となった能年玲奈ちゃん。 その驚くばかりの透明感について、実際に彼女と会った人が語っておられるのを何度か聞きました。 “透明感”わかる気がします。 そして、思い出すのですが。 小…

達者でナ

昨夜のカラオケ番組で、三橋美智也さんの「古城」を歌う人がいた。 懐かしぃ~~ ずい分と昔の歌のはずだけど、三橋さんの代表曲でもあるから 彼が歌うのをリアルタイムで何度か聴いた覚えがある。 確か民謡歌手出身でいらっしゃって 抜群の安定感と伸びやか…

買い物かごぶら下げて

先月、福島の大内宿を訪ねた際、のぞいた店先でこれを見つけ、ふと懐かしい気持ちになって即買してしまいました。昔、私が子どもだったころ(ですから、昭和30~40年代)主婦と呼ばれる人たちはこういった買い物かごをぶら下げて、日常の買い物をしてい…

マーガレット

スーパーの花売り場特売の中に見かけた白い花ふと懐かしくなって買いました。幼い頃、社宅住まいの小さな庭で咲いていた花です。庭いじりの好きな母がお隣さんとの境にある板塀に沿って植えていました。大好きなのよと母は言いましたが私には地味で何の特徴…

中耳炎

先月の終わりから耳の調子がおかしくなった。水の中にいるようにぼわ~んとして聞こえが悪い。頭を動かすと耳の奥の方で何かがゴロっと動く感じがして、時にチクッと痛くもある。1週間以上も前から耳の異変を感じていたのに長女の引越しやちょっとしたイベ…

クリスマスの想い出

はっきりと記憶に残る一番最初のクリスマスの想い出は幼稚園児の頃。そしてそれは、50ウン回のクリスマスの想い出の中で今でも、最も鮮烈で、輝いて、幸福感に満ちたものであり続けています。その年のクリスマス、朝目覚めると、枕元に本が1冊置かれてあ…

ハワイでビキニ!

昨日の新聞、読者の投稿欄。「人生の後悔は、娘時代にビキニを着なかったこと」と48歳の女性が書かれていた。「22歳で行った女友達とのハワイも、体型を気にして、地味な一体型水着。少々太めでも、太陽の下、はじける若さならビキニも似合ったかもしれ…

緑の波

今住んでいるところは少し前まではいわゆる農村地帯でした。ここ数年で田畑がつぶされ埋め立てられて、新しくお洒落な家が建ち並ぶようになりましたが、今でも田畑が多く点在しています。最寄りの駅まで歩く間にも田んぼがいくつかあって、今朝などは蛙の合…

ミョウガの味噌汁

昨日の夕食、お味噌汁の具には豆腐とミョウガを入れました。ミョウガを刻む時、いつも思い出すひとがいます。30年以上も前のこと。彼女は長野県から上京してきて、同じ大学の同級生でした。女子が極端に少ない学部で、私たちは心細さを埋めるようにすぐ仲…