こまくさ便り~Your Smile

娘、妻、嫁、母、ばあば、そして「私」の日々を綴ります

たくろう

10歳の少女が歌う「イメージの詩」

今朝、パソコンを開くと目に飛び込んできた拓郎の顔。記事のタイトルは “吉田拓郎「震えました」10歳稲垣来泉の「イメージの詩」カバーに涙” なに?なに?と心逸(はや)りながらクリックすると 「イメージの詩」は、拓郎が70年に発表したデビュー曲。稲垣に…

拓郎が「天国の夢の島に持って行きたい7曲」とは?

「吉田拓郎が天国の夢の島に持って行きたい7曲」は? という、『吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』でリスナーに予想してもらう企画があったらしい。 拓郎のファンだけど、金曜日の夜、つい忘れてテレビを観ていたり眠りこけていたりして、最近、ほとんど…

「化粧」と「外は白い雪の夜」~最後の最後に綺麗な想い出にして

中島みゆきさんの「化粧」を歌っていて あれ?この女の人の感じ、何処かで?…と。 化粧なんて どうでもいいと思ってきたけれどせめて今夜だけでも きれいになりたい今夜あたしは あんたに逢いにゆくから最後の最後に 逢いにゆくから 愛してもらえるつもりで…

表参道、原宿ペニーレイン

同世代の方のブログで、お若い頃の原宿の様子、そして今日は拓郎の「ペニーレインでバーボン」について触れられていて。 表参道、原宿ペニーレイン。なんと懐かしい響きでしょう…。 大学生の頃、友だちとよく原宿へ行きました。もうずい分と前のことです。 …

拓郎はいつだって熱くさせてくれた

今日のドライブのお供は『吉田拓郎LIVE2012』。 チケットに当たらなくて涙を呑んだLIVEでした。 後にリリースされたCDをレンタル。 当時は車を走らせる度聴いたものです。 記事にもしていました(*´з`) komakusa22.hatenablog.com エンドレスで流れるカーオー…

「制服」by松田聖子ちゃん~ただのクラスメイトだった

昨夜の吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD 冒頭から拓郎氏、語る語る 「夫婦は話をしなきゃダメだよ」 「男と女に上も下もない」 「上になったり下になったりしてやっていけばいいんだよ」 最近のフェミニストぶりが何やら感慨深い 幾度かの恋と結婚、そし…

今週のお題「夏うた」で、拓郎の「夏休み」ってベタ過ぎる?

今週のお題「夏うた」 吉田拓郎ファンとしては、やっぱりコレは外しちゃいけないのかな。 あまりにもベタ過ぎて、も少しひねりたい気もするけど( ̄▽ ̄;) 「夏休み」 作詞・作曲:吉田拓郎 麦わら帽子は もう消えた たんぼの蛙は もう消えた それでも待って…

ノーベル賞受賞の吉野彰氏、プロポーズは拓郎の歌⁈

昨日、とあるテレビのワイドショーで。リチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏(72)が奥さまの久美子さんへのプロポーズの言葉を質問され「拓郎の歌を贈った」と答えておられて、ビックリした。 その歌とはまさに「結婚しようよ」(1972…

教室で「どうしてこんなに悲しいんだろう」を弾いたこと

前略 昨日の記事にいただいたコメントに、拓郎の「夏休み」をと書いて下さっていて、 そうだったそうだったと早速キーボードで弾いてみました。 「夏休み」はコード進行が実に素直で馴染みやすく覚えやすく、 リズムも単純と言っては語弊がありますが、いた…

前略 拓郎さま~再び

前略 拓郎さま またお手紙を書かせていただきます。 一昨日の夜、『吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』拝聴しました。 ご自宅からの放送。しかも、たったお一人で。 仕事部屋でもありベッドルームでもあるというそのお部屋で、 マイクに向かってひとり喋…

吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLDからのマイケル・ジャクソン『THIS IS IT』

昨夜は久しぶりの吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD。 例によってスマホを耳元に置きradikoを聴く。 久しぶり感をことさら無視するかのようにいつもと変わらぬ拓郎節が始まる。 時に熱く、時にバカ笑い。言っちゃあ悪いけど好き勝手に喋る。 はまったかの…

拓郎さんとドライブ

昨夏の拓郎のコンサート空前絶後のチケット争奪戦の中2ヶ所の会場に参加することができたその後、8月の終わりから9月にかけてWOWOWで3週連続で放送された吉田拓郎スペシャル第1週目は吉田拓郎ライブ放送直前スペシャル~Live73years~第2週目は吉田拓郎LIVE2…

拓郎さん、久しぶりのラジオ~「恋の歌」

昨夜、久しぶりの『吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』を聴いた。今年の3月に番組が終了して以来。2019年5月から7月まで全国7か所(市川・宇都宮・東京・浜松・名古屋・大宮・横浜)のコンサートツアーを行い御年73歳になっても変わらぬ歌への熱い情熱を…

ありがとう~ヨコハマの夜

ありがとういい1日だったなー楽屋から外を見るとファンの方々がそうだ、思い出した!ここの楽屋は外から見上げると窓が見えて・・楽屋から手を振るんだったなー(笑)(別に振らなくてもいいんだけど)ちょうど楽屋ではバンドメンバーのイタルとイマイの誕生…

前略 拓郎さま

サンキュー!宇都宮 楽しかったなあ いい夜だった 思い切りシャウトしてしまった 20年ぶりの宇都宮 ・・だそうだ ちょっと雰囲気のある会場で リハの時からやや余裕? (2時間ドライブの疲れ?) 本番前に楽屋で武部鳥山と昔話 長いキャリアの中で 縁の無か…

当たりません

拓郎のライブ、ちっとも当たりません。 思い起こせば、 2012年のライブチケット、奮闘するもゲットならず。 2014年のライブにはどうしても行きたくて 入会金、年会費を払ってまでもぴあプレミアム会員になった途端 いち早プレリザーブで当選。 歓喜に震えな…

心から

「心から」 というタイトルで拓郎がブログ(みたいなもの)をアップしたのは、あの猛烈に暑かった8月の終わり。 通常の数十倍とも言えそうな沢山の メールを「ラジオでナイト」にいただきました アルバムを喜んでいただいて 僕の想いが空を飛んで届いたよう…

君のスピードで~「From T」

8月末にリリースされた拓郎のCD 車に乗る度にカーオーディオで聴いております。 「From T」 拓郎自らが厳選した究極のプレイリスト27曲。 レーベルの枠を越え 拓郎が所属していたレコード会社4社の音源が同一収録されたセレクト・アルバム。 ですから、懐か…

吉田拓郎、元気です

10/15付 拓郎氏からのメッセージは“東京・横浜”のタイトル。しかし、中身は10/11大宮でのコンサートにまつわるものでわかるようなわからんようないかにも拓郎らしい言い回し。ま、ちょっとほくそ笑んじゃうんだけど私はあの場に居合わせたわけで・・。改めて…

いざ!大宮ソニック

たくろう氏のブログ(のようなもの)から“あと3本だね” のタイトルそう。今秋のコンサートツアーがあと3本となったのだ。大宮は昔から好きな場所だかなり前になるが必ずコンサートには前乗り(前夜から現地に入る)していた時期がある大宮にも前乗りして当時…

僕たちのテンポで

久しぶりに吉田拓郎氏のブログ(のようなもの)を開いてみると更新されていた日付は12月3日2日は我が家の入籍記念日29回目になる頑張ってくれた奥さんと僕に拍手で始まるその文章にえらく感動したさて29年間をじーっと振り返ってみるそれは人生だから色々…

わたしは今日まで生きてみました

半年間くらい カーステレオから流れる音楽は代わり映えせず繰り返されて たくろうの懐かしい歌たちも気がつくと巡って来ます。 そんな中、先日聴いたその歌詞が初めてであるかのように深く胸に沈んで ふと、ろくのことが浮かびました。 わたしは今日まで生き…

シンシア

先週末からお盆休み中の今日まで 義母の見舞いと夫の実家の片付け、お墓参り その合い間に小旅行へと しばらく自宅を留守にした。 さっき戻ってきて、いろいろと片付けをした後 ホッとした気分でパソコンに向かう。 ずい分と間が空いたから そういや拓郎、ア…

TAKURO YOSHIDA LIVE2014

もう一度だけ拓郎に会ってその歌声を生で聴きたいそんな願いがようやく叶いました拓郎の姿を顔をこの目にしかと焼き付けようもしかしたらもうこれで最後かもしれないからそんなことを思うとこみ上げてきて喉の奥が詰まるのでしたギターを抱える立ち姿の相変…

七夕の夜に

天空では一年にたった一度の逢瀬の夜 片や下界では 今日のこの日 今夜のこの夜を どんなに待ち焦がれていたことか 雨はたとえやまずとも 必ずや 逢いに行きませう この身もこの髪も清く洗い上げたら どんな香りを付けましょか 下界の彦星の君へ 織姫になれな…

「元気です」

春の暖かな昼下がり。例によって、カーステレオをかけながら街を走っていると、何を聴くともなしに聴こえてきたのは、耳慣れたメロディ。もう何度も聴いたことがあるはずのその歌詞に、今日は何故か、ふと心が止まりました。吉田拓郎 「元気です」 作詞・作…

当選

やりました。TYISとやら、いわゆるファンクラブの会員先行予約にあぶれたことは前回書きました。ならばと、チケットぴあのプレミアム会員に。「いち早プレリザーブ」の権利を得て申し込んで、の「当選」です。(プレミアム会員になるためには“ぴあクレジット…

リンゴ

昨日に引き続き拓郎のこと。。 昨年のツアーライブアルバムに収録されている「リンゴ」 こちらも、アルバム『元気です。』で41年前に発表されました。 アコースティックギターをかき鳴らし 字余りの歌詞をひとつ残らず語るように音符にあて ぼくと君とリン…

春だったんだね

昨年のツアー。。 全然チケットが取れなくて かすりもしなくて 行けなかった拓郎のツアーの ライブCDを車の中でよく聴いています。 もう67歳だというのに 昔と変わらない(いや・・、少しは違うのか)歌声を聴かせてくれて 今さらながら ・・・正直今に…

僕の欲しかったもの

ブログのお友達に教えていただいてから拓郎のホームページ、いやブログ?を時々のぞいている時々というのは、本当に時々にしか更新されないからちなみに、奥さまの森下愛子さんのお部屋もあるのだがこちらは昨年の朝ドラ出演の告知以降、何も書かれていない…