こまくさ便り~Your Smile

娘、妻、嫁、母、ばあば、そして「私」の日々を綴ります

1年2ヶ月ぶりのミュージカル♪『アリージャンス~忠誠~』

 

先日、ミュージカルを観てきました。

昨年の1月以来なので、なんと1年2ヶ月ぶり。

娘たちの影響もあり50代からはまったミュージカルなどの観劇。

今や、おのれの精神を癒し整える栄養素として欠かせません。

そのような趣味を得られたこと、娘たちに感謝でもあります。

 

それが新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨年はほとんどの舞台が中止となりました。

私もせっかく取れたチケットがキャンセルになるたび、残念な思いを嚙みしめました。

(5月、6月と奇跡的に取れた『ミス・サイゴン』のチケット。舞台中止と決まった時は本当に悲しかった)

“不要不急”と言われればそうなのかもしれません。(自分はそうは思いませんが)

ですが、芸能、音楽、スポーツなどが姿を消した社会は、自分にとってあまりにも寂しく色さえも失われたように思えたものです。

不急はまだしも、不要と呼ぶことに正直納得がいかなかったな( ˘︹˘ )

 

屋内・屋外ともに5000人以下、かつ屋内においては収容定員の50%以内の参加人数にすること、

というような制限はありながらも、少しずつ各イベントの開催が行われつつあります。

嬉しいです。有難いです。

当然のことながら、そこに参加する私たちはマスクをして、三密を避け、手指消毒を徹底しなければなりません。

大きな声ではなく、拍手で応援し称える。

せめてそんなふうに自分の出来ることで大好きな芸能や音楽やスポーツを守りたいと考える次第です( ̄ー ̄)ゞ

 

 

前置きが長くなりました。先日観たミュージカルです。

 

『アリージャンス~忠誠~』

 

f:id:komakusa22:20210319170303p:plain

 

自由の国でアメリカ人として生きていた彼らは、ある日突然“日系”という理由だけで国家の敵とされ、強制収容所に移送されてしまう。
アイデンティティを否定された中で、何に忠誠を誓い、何に信念を持って生きるのか― 葛藤しながらも、希望を見つけ前に進んでいく人々を描く。
忠誠やアイデンティティというテーマと共に、本作の根幹で描かれているのが“家族愛”。
それぞれの信念を貫いたがゆえの家族の分裂、そして再生を描いた感動のストーリー。
ブロードウェイでも高く評価され、アジア系ミュージカルの金字塔と呼ばれた本作の記念すべき日本初演。(公式サイトより)

 

日系アメリカ人の強制収容所移送

アメリカへの忠誠を問う忠誠登録質問票(Loyalty Questionnaire)

強制収容と徴兵の不当性を訴え、日系人の人権を求める運動

日系人で構成された第442部隊

史実や実話に基づいた内容です。

 

ちなみに、エンタメ特化型情報メディアスパイスの兵藤あおみ氏によると

『アリージャンス~忠誠~』は、「スター・トレック」のヒカル・スールー役などで知られるベテラン俳優ジョージ・タケイの実体験をもとに、第二次世界大戦中、強制収容所へ送られた日系アメリカ人の姿を描いた社会派人間ドラマ。2012年秋にサンディエゴでトライアウト(試演)を実施したのち、2015年秋にブロードウェイ入りを果たした同公演で、タケイ自身が主人公の青年サムの祖父カイトと年老いたサムの二役を務めた

 

主役の姉弟を演じた濱田めぐみさんと海宝直人さんが本当に素晴らしかった。

共にミュージカル界を牽引する実力派。華もあり。

今回、特に濱田めぐみさんの歌声には何度も涙が頬を伝いました。

1年2ヶ月ぶりのミュージカルの舞台。

序盤、彼女の歌声を生で聴けた瞬間、知らず知らず零れる涙。

美しくて、美しくて。圧倒される美しさでした。

そして、こんな幸せを味わえることに感謝せずにはいられず。

失われた期間があったからこその感慨深さもひとしおでした。

 

それまで当たり前だった日常が失われて、その当たり前だったことがどれほど幸せであったか、改めて思うばかりです。

 

f:id:komakusa22:20210319183321j:plain

カーテンコールの際に写真撮影OKの時があって…

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

よろしければポチ頂けると嬉しいです(^^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村