こまくさ便り~Your Smile

娘、妻、嫁、母、ばあば、そして「私」の日々を綴ります

まさかコロナ⁉と考えた朝

 

一昨日の日曜日、朝から少し頭痛がありました。

薬を飲む程では無く、その日はいつも通りに過ごしたのですが、

昨日朝、目覚めた時には熱が上がる前の嫌な感じ。

体温は36.5度でしたが、朝食をとり風邪薬を飲んで布団に入りました。

昼には37.0度に上がり、昼食をとった後再び風邪薬を飲んで。

そうして午後ずっと寝ていたら、夜にはまた36.5度に下がりました。

今日も朝から薬を飲んで安静にし、36度台の平熱を保っています。

今のところ熱も上がらず快方へ向かっているようです。

 

この状況ですから、そんなわずかな熱でも(まさかコロナ⁉︎)と考えてしまいます。

もしそうだったらどの様に行動するか、早々と頭の中でシミュレーションしました。

これまで食事の際、私が万が一を考えて「ディスタンスね」と言いながら食器を離して置くのにも関わらず、いつの間にか近づく夫でしたが、

そんな夫も内心ヤバイかも⁉︎と思ったのでしょう。

昨日からは自ら食器を離してディスタンス。マスク装着も丹念に。(現金なやつめ( ̄ー ̄;))

いや実際のところ、本当に恐れるなら食事を別にするべきであるのでしょうが(苦笑)。

 

今朝のテレビで、新型コロナウィルスに感染した芸能人の話が取り上げられていました。

それによると、

まず38度台の高熱が出たので簡易的な検査をしたところ陰性

その2日後、熱は37度台。PCR検査をしたら陽性

味覚障害、嗅覚障害ともに無く、自分で身の回りのことも出来る

ただ、咳と痰が酷い

軽症ということで、その後は毎日保健所からの連絡を受けながら自宅療養

咳と痰がきつかった以外はこれといった自覚症状も無く

しかし、4回目の保健所からの連絡の際、入院を強く進言され入院

 

なんと人工呼吸器装着の一歩手前。重症化する寸前だったそうです。

その人は以前、とある番組の企画でマラソンに挑戦し、心筋梗塞を起こしたことがあるそうで、

その病歴を見た保健所の方の判断でした。

それにより命拾いしたと言えるかもしれません。

 

何事も無いように見えて、急に悪化するのがこのウィルスの怖さなのだそうです。

自宅療養中の方が突然重症化するケースが最近目立ってきています。

私自身はひとまず快方へ向かっていますし、おそらく単なる風邪だったと思われますが、

しばらくは外出などを控え、自粛生活を送ろうと思います。

それは自分自身の体のこともありますが、仮に無症状で人さまに感染させることがあってはいけませんので。

 

新型コロナウイルスは様々な症状が言われていて、逆に症状が一つくらいしかない場合もあるようです。

そんな中でも息苦しいなどの症状が出たら速やかに入院するようにと、番組内の医師の言葉でした。

 

ただ、このところの医療体制の逼迫により、入院が叶わないケースがあり、

そうして治療が間に合わず残念ながら亡くなるという過酷な現実も。

医療崩壊が叫ばれ、医療従事者の方々の負担が日々増大している現状で、

医療に関して何の力にもなれない私たちが出来ることは感染しないことしかないのでは。

医療の逼迫をこれ以上進めない為に。

では、感染しない為にはどうするべきか。

そのことをもう少し重大に受け止めなければいけないと、ずっと思っているのですが。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

よろしければポチ頂けると嬉しいです(^^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村