こまくさ便り~Your Smile

娘、妻、嫁、母、ばあば、そして「私」の日々を綴ります

『レ・ミゼラブル』こんな時だからこそ、感動をありがとうです!

 

ずーーっと楽しみにしていたミュージカルレ・ミゼラブル観てきました。

f:id:komakusa22:20210615103257j:plain

 

数年前から公演の度に何度か観ていますが、今回は吉原光夫さんのジャン・バルジャン濱田めぐみさんのフォンテーヌに絞ってチケット取りました。

吉原光夫さんは、NHK朝ドラ『エール』で音さんの実家の馬具職人頭の役と言えば「あ!」と思われる方もいらっしゃるのでは。

そうです。『エール』の最後、出演者による古関裕而氏の歌コンサートで、「イヨマンテの夜」を熱唱して世間を大いにざわつかせたその人です。

胸躍らせながら予想はしていましたが、まったくもって予想通りの、いえ予想を上回る?……いや、やっぱり予想通りの歌声(これ、めっちゃ絶賛してますから)。

こちらの心をガシッと掴み、これでもかと震わせてくれる。

精一杯拍手で感動を伝えながら、ありがとうございますと感謝の気持ちが湧き起こりました。

それから、ジャベール役の川口竜也さんも素晴らしかった。

末っ子が以前から彼の素晴らしさを語ってくれていましたが、初めての川口ジャベールは吉原ジャン・バルジャンにも劣らない圧巻の歌声でした。

 

吉原さんにしても川口さんにしても、あれだけの歌声を獲得し長年維持し続けるのには、どれだけの鍛錬と精神力が費やされていることだろうと考えると、ただただ尊敬です。

こんな怠け者の自分にも痛いくらい突き刺さり、それは幸せに満ちた痛みであり、希望を持ってこの先を進んで行こうと思える勇気ともなります。

コロナ禍において、舞台芸術は不要不急であると言われ多くの舞台が中止となりました。

感染が拡大し、人流を止める為には致し方無いことだったのかもしれません。

ですが、何度も言っていますが、芸術は不要ではない。こんな時こそ必要とさえ思います。

濱田めぐみさんが出演する回は少し先で、その時は吉原光夫さん、川口竜也さんも出演。なんてラッキーなことかと今から楽しみで仕方ありません。

 

…………… 

それはそれとして。

コロナ禍で観劇に出かける者として心しなければならないことは十分な感染対策です。

マスクは必須。飲み物を口に含む時以外は外しませんでした。ちなみに食事は禁止。

入場する際の手指消毒は当然のこと、その他にもこまめな消毒を意識しました。

トイレなどで並ぶ際には出来るだけ密にならないように。

それこそ不要不急な会話は控えるべきと、一緒に行った娘たちともほとんど喋らず、舞台上への熱い思いは拍手で伝えました。

終了後は退場制限に従い粛々と退場。コロナ禍以前なら観劇後、感想を述べあって感動を確かめ合うところですが、速やかに帰宅したのでした。

(こんなふうにいちいち説明して、こんな状況で観劇に出かけることの釈明をしているようですね^^;)

 

ただ、私たちがそうしたのは、もちろん自分自身が感染する、或いは感染させてしまうリスクを可能な限り排除する為でありますが、ここでクラスターを発生させコロナ禍での舞台の危険性をアピールさせることになってはならないとも考えるからです。

そうなったら再び中止の対象となってしまうかもしれません。

困難な環境の中で素晴らしい舞台芸術を私たちに見せ続けてくれる人たちの思いを潰すようなことがあってはならない。

おこがましい言い様ですが、舞台芸術を守りたいという思いもあり、観客の一人として責任を果たしたいと考えるのです。

大袈裟なこと言っているかもしれませんね。でも、正直な思いです。

 

…………… 

幸せな感動を受け取りつつ、実は、少し戸惑う思いもありました。

まず、劇場に入るなり通常と変わらないほどの人の多さにビックリ。今、入場制限ってどうなっているんだっけ?と。

そして、「会話はお控えください」とのアナウンスがされる中、会場内もロビーも賑やかな話し声が飛び交って。(皆さん、マスクはしておられますが)

楽しみにして来られたことでしょう。その気持ちは十分わかりますが…。

 

どうか舞台芸術が守られますように。

心から願ってやみません。

 (偉そうにたくさん言いました……m(__)m)

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

よろしければポチ頂けると嬉しいです(^^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村